コケムスシェルター

宇宙ビジネス

タイトル:放映20周年記念盤 宇宙船サジタリウス 歌と音楽の旅

著者:

出版社:日本コロムビア

発行日:2006-03-30

名古屋のメカトロ(工作機械見本市)行ってきた。

夕方にやってた対談「宇宙ビジネス成功への秘訣を語る」が面白かった。
OSGの大沢常務と、由紀精密の大坪社長、アストロスケールの岡田CEO、の対談。

OSGがロケットのスポンサーになったのはなんとなく知ってたけど、その辺の話。
始まりは宇宙系の展示会での昼食らしい。そこでスポンサーに誘われ、話に惹かれるものがあったらしくスポンサーになったとか。
OSG単体での出資額は不明だが、ANAとか他合わせて28億円。名前つけてるくらいだし10億くらい出してそう。宣伝効果とか多少の実利もあるだろうけどそれにしても未知の分野に出資できるOSGの決断がすごい。

由紀精密は金属加工業者で宇宙産業分野へ積極的に取り組んでいる会社。その界隈では有名らしい。
ロケットのインジェクターの加工とかやってる。微細加工が得意っぽい。高級時計とかも作ってるらしい。

アストロスケールのCEOの話が上手。話慣れてる感じがやらしい。宇宙開発は航空開発の50年遅れで進んでいるから今のうちに波に乗っとけみたいな。説得力があってなんだか悔しい。
まぁ航空旅行くらいに宇宙旅行が一般的になる時代が50年とかで来るかは懐疑的だけど、産業規模が今より大きくなっていくのは間違いないだろう。

あと特設ブースの中に、美術大学の作った「深宇宙彫刻 DESPATCH(デスパッチ)」の展示があって笑う。こんなうんこを宇宙に飛ばすとか、アストロスケール怒っても良いレベル。
宇宙には無駄のないフォルムとか超軽量化とかが似つかわしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。