タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら【映画】

凶悪な殺人鬼と勘違いされてしまった2人の男が巻き込まれる事件を描いたスプラッターコメディ。気のいいタッカーとデイルは念願だった別荘を手に入れ、休暇を過ごしにやってくるが、近くでキャンプをしていた大学生グループから人里離れた山小屋に住む殺人鬼と勘違いされてしまう。さらに、2人が川で溺れかけていた女子大生を助けたことが誤解を生み、血まみれの死人が続出する事態へと陥っていく。

☆☆☆☆
アマプラ映画。
非常に面白かった。山荘の修二と彰。
スプラッターとコメディの組み合わせは初めて観た気がする。コメディ感強めで終始笑える。
なんとなくホーム・アローン味も感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。