コケムスシェルター

紛争鉱物

紛争鉱物規制の理屈がわかるようでわからない。

紛争鉱物問題とは、鉱物が、コンゴなどの紛争地域で、人権侵害、環境破壊、汚職等、不正に関わる組織の資金源となっている問題。簡単に言うと「ヤバイ奴らの資金源になるから不買しようぜ」という取り組み。
001

なぜなのか?正直理屈がわからない。

正直自分の使ったお金が、コンゴの悪者が爆弾を買う資金になろうが、ブラジルの小学校建設に使われようが、日本の暴力団員の車になろうが、福島除染に使われようが、知ったことではない。と思ってしまう。おそらく想像力が足りないのであろうな。

あるいは自分に不幸がかかれば考えも変わるのかもしれないが、所詮遠い世界でしかない。

まったく、そんな人間がいるから世界は平和にならないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。