花物語

タイトル:花物語 第二巻/するがデビル(下)(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)

著者:

出版社:アニプレックス

発行日:

花物語見た。
貝木が楽しい。

ファイナルシーズンにも期待。
原作を全く読んでいない領域なので、気になる。ってか暇だったら先に読もうかな。

ファーストシーズン[編集]
『化物語(上・下)』『傷物語』『偽物語(上・下)』『猫物語(黒)』の6巻。全9話で構成されている。
阿良々木暦と怪異に纏わる6人の少女たちの出会いと、2人の妹について描かれる。各巻のタイトルは当初は「人偏(亻)の字のつく漢字+物語」[4]だったが、最後のエピソードのみ獣偏となっている。セカンドシーズン発表後に便宜上「ファーストシーズン」と呼ばれるようになった。物語は全て暦の一人称視点で語られる。
セカンドシーズン[編集]
『猫物語(白)』『傾物語』『花物語』『囮物語』『鬼物語』『恋物語』の6巻。
『猫物語(黒)』で当初の予定であった暦とその周辺の人物の物語は一通り終了したが、『化物語』のアニメ化に触発されて「セカンドシーズン」が発表された。セカンドシーズンはファーストシーズンに登場したヒロイン6人(翼、真宵、駿河、撫子、忍、ひたぎ)をテーマに、さらに深く掘り下げる内容となっている。暦だけでなく、サブタイトルに冠せられているヒロインの視点で物語が進行するエピソードも多い。タイトルの漢字に画一的な決まりはないが、2 – 4作目のタイトルの漢字にはそれぞれ「化」に見える部分が含まれる。3ヶ月に1作と、ファーストシーズンに比べハイペースで刊行され、2011年12月に最終巻が発売された。作中で残った幾つかの謎は「ファイナルシーズン」に持ち越される。
ファイナルシーズン[編集]
『憑物語』、『暦物語』、『終物語(上・中・下)』、『続・終物語』の6巻。
2011年末に『恋物語』の巻末にて発表され、2012年9月より刊行開始。当初は物語シリーズ終焉三部作として発表されていた(『憑物語』『終物語』『続終物語』[5])。2013年5月に作中での一年を振り返る短編集『暦物語』が急遽刊行され、『終物語』は予定よりページ数が多くなり上中下巻構成となったため全6巻となった。再び阿良々木暦に焦点が当てられ、シリーズの総決算となる。前のシーズンに登場していた余接、扇、忍、真宵、ひたぎ、新キャラの育、そして主人公の暦をタイトルに冠したエピソードとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。