対岸の火事

パリのテロで騒ぐ人を批判する風刺画が秀逸wwwwwwwwww(http://rabitsokuhou.2chblog.jp/archives/68477298.html)

まとめサイトの風刺画が面白かった。

001

002

なるほどなーと思う。ニュース聞いてセンセーショナルに受け止めていたけど、冷静に考えるとパリの死者128人とかしょぼい。シリアとか空爆で何人死んでるんだって話。検索でパッと出たソースによると最近のシリア空爆では900人死んでる。2011年からの累計で内戦での死者は19万人らしい。桁がちげぇ。
シリア空爆の死者900人超、民間人も犠牲に(http://www.cnn.co.jp/world/35056959.html)

シリア人が19万人死んでいるのより、フランス人128人が死んだことが大きく報じられるのはなんだかなーと思わされる。
やはりその辺は自分との「近さ」が原因だろうと思う。同じニュースでも、例えば空き巣があったとして、隣家が被害に遭ったのと何十キロも離れた家が被害に遭ったのとでは関心が異なる。当たり前だが。

その辺の感覚がどこまで伸びるかが、風刺されてるんだろう。
日本の一般の人でギリギリ伸びてパリ……くらいなんだろうと思う。観光地だし。仮にベルンとかでテロが起こっていたら少なくとも日本では大した騒ぎにはならなかったのではないかと思う。知らんけど。

まぁパリだろうがシリアだろうが自分の日常は変わらない。と思う日本人がほとんどだろうぜ。テロだろうが災害だろうが結局対岸の火事。自分が火に包まれるまで眺めているだろう。恐ろしくも暖かい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。