ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ【映画】

平凡な高校生山本陽介の前に現れた制服の美少女・雪崎絵理。彼女が夜な夜な戦うのはチェーンソーを振り回す不死身の男。何のために戦っているのか分からない。が、とにかくヤツを倒さねば俺たちに明日は来ない!らしい。

☆☆
アマプラ映画。
昔宣伝で気になってた気がする。タイトルが好き。
映画内容はイマイチだったかな。結局よくわからん。青春映画にしても何だったんだ感が強い。格好良く死にたい憧れと、でも実際は生きてるほうが幸せ、みたいな感じ?
ちょっと検索したら原作は『NHKへようこそ』の人だった。

The Name【映画】

都会を離れ茨城に身を寄せた男・正男は、自分の名前や身分を偽って生きていた。「本当の自分じゃない方が皆幸せなのさ」と嘘を重ねる彼の前に、見知らぬ女子高生・笑子が現れる。笑子は正男が周囲に名前を偽っていることを知りつつも、自分が何者なのか、何が目的なのかを明かさないまま正男と時間を過ごすようになる。そんな笑子を次第に受け入れ、娘と共にいるかのような幸せを感じ始める正男。しかし、笑子の秘密を知った時、彼女の本当の想い、そして自らの哀しい過去と向き合うことを決断する。そして心を閉ざし高校生活を送ってきた笑子も、演劇部で主演のひとりに選ばれて、少しずつ変わっていく・・・・・。(C)2018 映画「名前」製作委員会

☆☆
天才詐欺師譚みたいなのを想定して観たけど全然違った。
ハートフルな人情物語。
悪くはないけど、良くもない感じ。

記憶にございません!【映画】

国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく……。(C)2019フジテレビ 東宝

☆☆☆
アマプラ映画。
面白かった。
評判悪い総理大臣が記憶をなくして、評判良い総理大臣になるみたいな話。黒田総理が元ネタらしい。
笑いどころが細かくてよかった。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb【映画】

悲しい過去を背負ったままサギ師になったタケ(阿部寛)と、成り行きでコンビを組むことになった新米サギ師のテツ(村上ショージ)。そんな2人の元に、ある日ひょんなことから河合やひろ(石原さとみ)と河合まひろ(能年玲奈)の美人姉妹、それにノッポの石屋貫太郎(小柳友)を加えた3人の若者が転がり込んでくる。彼らもまた、不幸な生い立ちのもと、ギリギリのところで生きてきたという。これをきっかけに始まる他人同士のちょっと奇妙な共同生活。やがて、タケが過去に起こしたある事件が、彼らを一世一代の大勝負へ導くことになるが、この時は誰一人、それを知る由もなかった…。社会のどん底で生きてきた5人の一発逆転劇。そして驚愕の真実が明かされる…。 (C) 道尾秀介・講談社 / 2012「カラスの親指」フィルムパートナーズ

☆☆☆☆☆
非常に面白かった。
すげーわ。
なんか非常にハラハラした。
一世一代の詐欺。良く出来てるわ。

埋もれる【映画】

大手食品会社に勤めていた北見透(桐谷健太)は、自社の産地偽装を内部告発したことで会社を追われる。消費者を思う正義感からの行動だったが、結果的に職場仲間の人生を狂わせたことに悩む北見は、自らも妻子と別れることとなる。傷心のまま故郷に戻り、市役所の非常勤職員として働き始めた北見だが、力を持つ市長(大友康平)を中心に役所内にも癒着や不正が存在していた。(C)2014 WOWOW INC.

☆☆☆☆
面白かったけど、「結局なんのドラマだったんだ……」みたいな気分になる。
スッキリしない終わり方は、それこそがこの映画のテーマっぽくて良いなぁと思ったけど、スッキリさせてほしい感じもある。

エリジウム【映画】

2154年、世界は完全に二分化されていた。 ひと握りの富裕層が上空に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」で極上の人生を謳歌する一方、人類の大多数は荒廃しきった地球で貧しい生活を強いられていた。スラムに暮らすマックス(マット・デイモン)は、ある日不慮の事故に遭い余命5日と宣告されてしまう。生き残るには医療ポッドのあるエリジウムに進入するしかない。レジスタンス軍に参加し、決死の覚悟でエリジウムへ挑む彼の前に、冷酷非情な女防衛長官デラコート(ジョディ・フォスター)が立ちはだかる…!

☆☆☆
アマプラ映画。
プリズンブレイクのマホーン捜査官が出てきてなぜか嬉しくなる。調べたら「ウィリアム・フィクナー」という名前らしい。
ストーリーは「ディストピアへの反逆」かと思いきや「富裕層からの略奪」な感じ。ラストも一時的にはハッピーだけど、数時間後には戻ってそうな気がする。

サクラダリセット【映画】

特殊な能力を持つ人々が約半数を占める<咲良田>。街を出ると能力は使えなくなるが、その力は<管理局>によって慎重に、監視・制御されていた。17歳の高校生、浅井ケイは<記憶保持>の能力を持っていた。春埼美空は、世界を最大3日分巻き戻す=<リセット>できるが、それはケイと共に行動することで初めて成立する能力だった。ケイは、自身の力がきっかけで2年前に死んでしまった相麻菫の再生を今も祈り続けていた。そんなケイの前に、<モノを消す>能力を持つ村瀬陽香と<記憶操作>を可能にする岡絵里が立ちはだかる。(C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

☆☆☆
アマプラ映画。
リーディングシュタイナー持ちの主人公の話。
正ヒロインの女の子は髪型ロングの方が可愛い。なぜショートにしてしまったのか。
管理局が無能なのか有能なのか判断しかねる。
結末はイマイチな感じだけど、設定は面白かった。