コケムスシェルター

ベイマックス【映画】

『ベイマックス』見てきた。超面白かった。
未来軸の日本が舞台で、天才科学者の少年が主人公。
主人公兄の作った「ケアロボット(医者ロボみたいな)」と、まぁいろいろする話。

ディズニー映画と侮るなかれ。泣ける。というか泣いた。
実はまとめ記事「ベイマックスの視聴前、視聴後のイメージの変化www」(http://hamusoku.com/archives/8660552.html)を見て、興味惹かれて行ってきた。

002

このイラストが、秀逸。
「トトロ」から「グレンラガン」とかどんなだよと思ってたら、まさにこんな感じ。面白い。

メガネ

メガネデビュー。

最近運転中、案内標識が読めなくなってきたので、運転用にメガネ購入。
「JINS」にて。
001
「エア・フレーム」とかいう軽いメガネが売ってたのでそれにする。レンズ込で値段は5千円ちょっと。1時間くらいで受け渡し。安くて速い。

視力測定したが、両目とも「0.5」。昨年度の健康診断ではもう少し「1.0」くらいあったはずなのに。

ちなみに運転免許用件は

1. 片目でそれぞれ0.3以上、両目で0.7以上見えること、または
2. 片目が0.3以下の場合は、他眼の視力が0.7以上で、 視野が左右150°以上あること

ギリギリセーフ。まぁ見えて悪いことはあるまい。

2015年1月【読んだ本】

タイトル:千と万 : 2 (アクションコミックス)

著者:関谷あさみ

出版社:双葉社

発行日:2014-07-10

1-2巻
ただただかわいい。

タイトル:満願

著者:米澤 穂信

出版社:新潮社

発行日:2014-03-20

短編集。
2015年版「このミステリーがすごい! 」第1位
ミステリーというかホラー的な感じ。
全体的には「犯罪の動機」がテーマか。動機がなんだなんだと読み進めて最後にゾッとする。面白かった。

タイトル:俺が童貞を捨てたら死ぬ件について(4) (メテオCOMICS)

著者:もりた毬太

出版社:ほるぷ出版

発行日:2014-04-12

完結4巻
すっきりした終わり方。

タイトル:聲の形(7)<完> (講談社コミックス)

著者:大今 良時

出版社:講談社

発行日:2014-12-17

完結7巻。

タイトル:3月のライオン (10) [BUMP OF CHICKEN]CD付特装版 (ジェッツコミックス)

著者:羽海野 チカ

出版社:白泉社

発行日:2014-11-28

10巻。
父登場。満を持しての桐山。

タイトル:BLEACH―ブリーチ― 66 (ジャンプコミックス)

著者:久保 帯人

出版社:集英社

発行日:2015-01-05

66巻。
前巻どんな話か忘れてしまったよ。今度まとめ読みしよう。

タイトル:ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)

著者:村田 雄介

出版社:集英社

発行日:2014-05-02

6巻。
好き。

タイトル:監獄学園(15) (ヤンマガKCスペシャル)

著者:平本 アキラ

出版社:講談社

発行日:2014-11-06

15巻
花さんもっと

タイトル:坂本ですが? 3 (ビームコミックス)

著者:佐野 菜見

出版社:KADOKAWA/エンターブレイン

発行日:2014-12-15

3巻。
相変わらず面白い。
体育祭文化祭編。

鱒寿司

鱒寿司(ますずし)は、富山県の郷土料理。駅弁としても知られ、鱒(サクラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けした押し寿司(早ずし)の一種。表記は必ずしも一定せず、ます寿し、ますの寿し、鱒の寿司などとされることも多いが、すべて同様のものを指している。

富山名物。
いくつかメーカーがあってそれぞれ味が違うらしい。
地元の人によると
「生っぽい」←←←→→→「良く締めてある」
の味分布。

002
「源」
県外でも有名。有名すぎるからか地元の人からは敬遠され気味。

001

「植万」
富山市ではなく、黒部市のますずし。
ショウガ入りなのがなかなか、おいしい。

2014年家計

昨年のお金の整理。
2014年は年間で200万円ほど使った年。浪費。

<固定支出>
家代:10000円/月
水道代:2500円/月
電気代:4000円/月
ガス代:7000円/月
ネット代:4500円/月
携帯代:8000円/月
合計:36000/月
固定支出は年間で40万円くらい。ガスたけぇ。水は意外と安い。

<一般支出>
あとは、食費が月5万円で年間60万円、
車購入と車検で60万円、
引っ越しに伴ったり伴わない家具家電で10万円、
サーバー代とかで10万円、
雑費で20万円、

で、合計200万円。というところ。
食費が高い気がする。エンゲル係数20%……エンゲル的には普通か。

<収入>
給与:17万円(月手取り)
株:86,215円(年間)
アフィ:昨年比増

給料は定期昇給で微増。手取りは税金とかで減少。
株は8万円くらい。こまごまと売買して2014年もプラスで終わることができた。毎年運良いな。税金は20%の16,000くらいか。しかし税金高くてあまり得した気がしない。
アフィは若干増えた。新しいことはしていないが、アンテナサイトが良い感じに育つ。
今年もそろそろ確定申告の時期。2015年の確定申告の期間は2/16~3/16。
経費計上の作業は実は結構好き。昨年の反省を生かし今年は経費計上できそうなものはすべてクレジットカード払い。履歴が残って便利。

それにつけても、お金貯めたい。そして引きこもりたい。
つつましく生きても年間100万円は必要。年金が70歳からとして、40歳から30年。3000万円。
40歳で3000万円貯めるならば、今から大体15年。毎年200万円貯めれば、何とか40歳で隠居可能か。それでも40か。長いな。しんどい。

岐阜【外出】

001

なんとなく岐阜観光。
岐阜といえば『氷菓』聖地。巡礼はしなかったが。

飛騨高山テディベアエコビレッジ(http://www.teddyeco.jp/)行く。
001
不気味なクマ人形の館。お前もクマ人形にしてやろうか。
館長の趣味あふれる感じが面白い。
入館料は600円。

他は飛騨高山市内観光。
飛騨牛押しの露店街。あとはラーメンとサルボボ。
古い町並みはなかなか情緒深く、楽しい。雪が似合う冬の町。
酒蔵の舩坂酒造店にも行く。岐阜の地酒をお土産に。

成年コミック【読んだ本】

今まで読んだエロマンガで面白かったものをピックアップしてみる。
ヌケるやつはそれとして、ストーリー性の高いものを羅列。

ピックアップしてみると、「凌辱系」が好きだけど、後味の悪い物は嫌いな傾向と自己分析。不幸の淵にあるヒロインを助ける主人公……的な。
バカでギャグいのもそれはそれで好き。

タイトル:お嬢様は逃げ出した 3 完結 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)

著者:ぽんこつわーくす

出版社:竹書房

発行日:2014-05-07

全3巻。
お嬢様と使用人のラブコメ。
お見合いが嫌で家出したお嬢様の逃亡生活。
「ですわ」語尾のテンプレートお嬢様の1Rアパートでの挙動がいちいち可愛くて萌える。
終始ラブラブ、ハッピーエンド。

少女とギャングと青い夜 タイトル:少女とギャングと青い夜

著者:ドバト

発行日:2014

「今すぐ現金二千万用意しろ」。キリコが帰宅すると、拘束された父と、銃を持った強盗というまるでマンガみたいな光景が広がっていた。
……衝撃的な掴みで始まる物語の主人公は、世界を呪う少し壊れた少女と、どこか間の抜けた流されやすいギャング。
少女とギャングが企てる犯罪の行く先は?一読の価値あり。

タイトル:純嬢恋歌 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

著者:犬江 しんすけ

出版社:ワニマガジン社

発行日:2013-09-27

表紙絵の話『りんどう(全3話)』が好き。
無垢な少女竜胆が主人公。男に奉仕することを当たり前だと教育され、犯され続ける日々。しかし正宗(主人公男)との出会いでそのことに疑問を抱いてしまう。
「こわい……」嫌がる竜胆が無理やり凌辱されるシーンがなかなか良い。
終始鬱展開を挟むが、最後は最後で後味の良いハッピーエンド。

タイトル:正しい魔術の遊び方 (ヤングコミックコミックス)

著者:八尋 ぽち

出版社:少年画報社

発行日:2012-05-10

ギャグ寄りのエロマンガ。
1話ではファミレス黒魔術でピンポンと店員のマンコを入れ替えてイタズラ。ふざけた展開でそれが面白い。そしてエロい。

タイトル:NIGHTMARE MAKER 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

著者:Cuvie

出版社:秋田書店

発行日:2009-03-01

全6巻
エロマンガにしては珍しい大ボリューム。
「自由に夢を見られる機械」をめぐり、夢と現実のギャップに翻弄される学生達……と先生。先生エロイっす。
エロいだけでなく展開が気になり、6巻通して読んでしまうこと間違いない。

タイトル:D-Medal (MUJIN COMICS)

著者:アシオミマサト

出版社:ティーアイネット

発行日:2015-06-12

著者アシオミマサト。
不思議アイテムを売るアンティークショップのシリーズ。
『Dream Channel』では、ネコミミの生える(見える)メガネとか、若返る本とか、カウントダウンする時計とか。変なアイテムを使った話がなかなか面白い。今回は1アイテム単話ではなく連載で単行本。
「D-Medal」は女の子に渡すと1回エッチできる不思議なメダル。好き放題して終わりか?と思いきや意外な展開になり面白い。