コケムスシェルター

稲村ヶ岳【登山】

テント泊2回目
前回楽しくて再度行く。

今度は奈良の稲村ヶ岳
洞川(どろがわ)温泉という観光地がすぐ側でアクセスはそこそこ便利
(洞川温泉-近鉄下市口駅バスが大体2時間毎に往来。)

1日目稲村ヶ岳、2日目は山上ヶ岳を予定。
(結局山上ヶ岳は断念。代わりに同川温泉に行く。)

10:38バス洞川温泉着。
登山口まで歩く。温泉街の楽しい雰囲気。
夏休みレジャーな家族連れで賑わう。登山客もそこそこいる。

宿屋街を抜けて登山口↓

割となだらかな道を3km歩き法力峠に到着。

山上辻(稲村小屋)の看板↓

稲村ケ岳山頂。見晴らしはそこそこ。

大日岳山頂。山頂で般若心経唱える一団と遭遇。
なぜ般若心経と思ったら、修験道で修験者(山伏などの行者)が「行」を行う際に唱えるものでもあるらしい。

れんげ辻の女人結界門↓
ここから大峰大橋方面へ降りる。

少し下ったところの沢の近くでテント泊して、翌日山上ケ岳に登ろうと予定。ここからテント場探しながら下っていく。

んで、途中水の音を聞き、登山道を外れて枯沢を登る。
標高1400Mくらいの地点に良い感じの水場発見↓

まぁここまでは良かった。
で、せっかくいい水場が見つかったから近くにテントを張りたい欲に駆られ無理してテント場を探す。
しかし、沢を登っても左右に逸れても、勾配が急すぎてとてもテント張れるような場所がない。どこ行っても急勾配。

しばらく彷徨ってかろうじてテント1ケ分の平地を見つける↓
ただ設営してから気づいたが急斜面に面してるし、落石ヤバイ。
落石もだけどアクセスも悪い。滑落しそうな急斜面を登ってやっとたどり着く場所。
しかし他に場所もないし、時間もそろそろ日没近いし諦める。

水場が良いのだけが救い。ただテントとの行き来で命の危険を感じる。滑落危なすぎ。ロープ必要なレベル。
暗くなる前にご飯を炊いて食べて、体を拭いて着替える。今日は上下すべて着替え持参。汗疹対策。
ってか水場だけ使って下山しつつテント場探せばよかったと今さら後の祭り。
よく考えたら水が使いたかっただけで水の近くでテント張りたいわけではなかった。便利は便利だけど必須条件ではなかったわ。

夜。言い知れぬ不安感に襲われる。
落石、熊、遠くで聞こえる雷鳴。なにか興奮して眠れない。
あと寝床が微妙に傾斜しててしっくりこない。気温も滝が近いからかダウン着ても寒い。

音楽聴きながら本を読み現実逃避。
『時砂の王』『ラットマン』2冊も読み切ってしまう。
本が面白かったのもあるけど、疲れてるはずなのに眠気がない。

朝。
結局途切れ途切れで4時間くらいしか寝れなかった。
昨日のテント場探しでだいぶ疲れてしまった気がする。疲れが取れてない。足もそこそこ痛い。寝ながらも考えていたけど予定変更で下山する。まぁ無理していいこともあるまい。

朝ご飯食べてやっと緊張がほぐれた気がする。一晩中なんだか落ち着かなかった。

下山。林道と合流↓

大峰大橋↓

バス停には10:30くらいに着く。
急いで帰る必要もないし洞川温泉に入っていく。ちなみに11:00開店。風呂はまぁまぁ。狭いし子供多くて落ち着かない。

風呂上りには近くの定食屋でアマゴ定食を食べる。おいしかった。

アマゴは、サケ目サケ科に属する魚
日本の固有種でサクラマスの亜種とされる。降海型や降湖型はサツキマス、河川残留型(陸封型)はアマゴと呼ばれる。
・渓流釣りの魚
サケ目=アマゴ、ヤマメ、イワナ
キュウリウオ目=アユ

◆1日目
バス洞川温泉(10:40)→登山口(11:00)→法力峠(12:30)→稲村小屋(13:30)→稲村ケ岳山頂(14:30)→大日岳山頂(14:50)→れんげ峠(16:00)→テント泊
◆2日目
下山開始(7:30)→林道合流(9:00)→大峰大橋(9:30)→同川温泉(11:00)→バス洞川温泉(12:20)

テント泊はやはり楽しい。
今回はちょっと失敗点が多かったけど。

予定の組み方は要反省。2連休で行くなら1日目登山、2日目観光、くらいがちょうど良いかも。

2017年7月【読んだ本】

タイトル:時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)

著者:小川 一水

出版社:早川書房

発行日:2007-10-01

くそ面白かった。
SFもの。
報われないけど報われる。世界を救ったのはきっと無駄じゃない未来。

カッティさん好き。「私は裾破れの娘≪カッティ・サーク≫、惑乱の魔女。馬の尾をかざし、最短最速で勝利へ導く。」かっけぇ。機能美ではなく意思のある一貫さが好き。

タイトル:ラットマン (光文社文庫)

著者:道尾 秀介

出版社:光文社

発行日:2010-07-20

ミステリー?
続きが知りたくて一気読み。
読後感は悪くないけど、割と不幸。

タイトル:転生したら剣でした 1 (GCノベルズ)

著者:棚架ユウ

出版社:マイクロマガジン社

発行日:2016-07-30

コミカライズ版が面白かったのでweb小説読む。
小説も結構面白かった。1から最新344話まで一気読み。1話が2015/09/16で最新話が2017/07/23更新。
今も週2くらいのハイペースで進んでいるっぽいのでちょくちょく読みに行く予定。

ジャンルは「なろう系異世界転生もの」。
ストーリーはタイトルの通り「転生したら剣」で異世界を旅する話。無機物に転生するのは珍しいかも。
まぁ主人公はどんどん影が薄くなってくのだけど。語り部的なポジションになってく。

1番の魅力は主人公と共に旅をするケモミミ少女「フラン」がかわいいこと。
フランつえーがもっと見たい!でどんどん読み進めてしまった。

一番盛り上がったのが武闘大会編。ほんとにおもしろい。良い感じに爽快感。
以降はまぁ蛇足っちゃ蛇足。悪くはないけど。

<大体の流れ>
モノローグ:剣の独り言

始まりの町アレッサ

リッチ寄り道と危険な船旅

カレー祭りと邪神の影

黒猫ダンジョン攻略

武闘大会

獣の国

***
異世界転生ものは割と好きなジャンル。

個人的分類は3系統。
建国無双したい→建国系
巨悪を打倒したい→勇者RPG系
ハーレムが書きたい→ハーレムラノベ系

どの系統も好きだけど、最近のお気に入りは「勇者RPG系」
俺つえーなんだけど、急速にレベルアップしていくのが好き。
『蜘蛛ですが、なにか?』とか『転生したらスライムだった件』とか。
無双しすぎるとちょっとダレるけど、序盤のサバイバル感がなかなか楽しい。

「建国系」もじっくり楽しい。
『ログホライズン』、『オーバーロード』とか。
アインズ様かっけぇ。

「ハーレムラノベ系」も捨てがたい。
『この素晴らしい世界に祝福を!』、『ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた』、『Re:ゼロから始める異世界生活』とか。
異世界ならではのキャラクターのかわいらしさが魅力的。

タイトル:転生したら剣でした (1) (バーズコミックス)

著者:棚架ユウ,丸山朝ヲ,るろお

出版社:幻冬舎コミックス

発行日:2017-04-24

1巻。
異世界転生もの。ケモミミかわいい。そこそこ好き。

タイトル:カラダ探し 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

著者:ウェルザード,村瀬克俊

出版社:集英社

発行日:2017-03-03

1-12巻。
ホラー。怖くて面白い。第2章から蛇足。

タイトル:ドラゴン、家を買う。 1 (コミックガーデン;MAGCOMI)

著者:絢薔子

出版社:マッグガーデン

発行日:2017-07-10

1巻。
ギャグもの。まぁまぁ。

タイトル:ヤンキーショタとオタクおねえさん(2) (ガンガンコミックスpixiv)

著者:星海ユミ

出版社:スクウェア・エニックス

発行日:2017-07-22

1-2巻。
腐女子お姉さん×ショタ。闇深い。

タイトル:三つ目黙示録 1―悪魔王子シャラク (チャンピオンREDコミックス)

著者:柚木N’ 手塚治虫 藤澤勇希

出版社:秋田書店

発行日:2017-04-20

1巻。
「三つ目がとおる」リメイク。
柚木N’絵がエロい。

タイトル:メイドインアビス(5) (バンブーコミックス)

著者:つくしあきひと

出版社:竹書房

発行日:2016-12-26

1-5巻。
アニメから。度し難く、香ばしい。非常に面白い。

タイトル:コンビニ人間

著者:村田 沙耶香

出版社:文藝春秋

発行日:2016-07-27

あの・・・修復されますよ?
意外とホラーで面白かった。

タイトル:おじょじょじょ(4) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

著者:クール教信者

出版社:竹書房

発行日:2017-07-12

4巻(完)。
完結。いい終わり方。

タイトル:現代魔女の就職事情 (1) (電撃コミックスNEXT)

著者:はま

出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

発行日:2015-11-26

1巻。
可もなく不可もなく。

タイトル:これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)

著者:青木 祐子

出版社:集英社

発行日:2017-04-20

2巻。
1巻が面白かったので続き。太陽さんイケメンすぎてつらい。

タイトル:これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)

著者:青木 祐子

出版社:集英社

発行日:2016-05-20

集英社のナツイチ
本屋でなんとなく購入。森若さんがかわいい。

タイトル:山賊ダイアリー(7) (イブニングコミックス)

著者:岡本健太郎

出版社:講談社

発行日:2016-10-21

1-7巻。
なかなか面白かった。
新米猟師ドキュメント。

タイトル:ひとり暮らしのOLを描きました 1巻

著者:黒川依

出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ

発行日:2015-11-01

1巻。
ネットで有名な悲しいOL漫画。
泣ける。

タイトル:オリンポスの郵便ポスト (電撃文庫)

著者:藻野 多摩夫

出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

発行日:2017-04-10

SFもの。
人類が火星に移住して200年――荒廃した星を旅する少女とアンドロイドの話。
なかなか面白かった。

タイトル:約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

著者:白井カイウ,出水ぽすか

出版社:集英社

発行日:2016-12-02

1-3巻。
プリズンブレイク。結末が気になる。

タイトル:異世界食堂 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

著者:犬塚惇平(ヒーロー文庫/主婦の友社刊),九月タカアキ,エナミカツミ

出版社:スクウェア・エニックス

発行日:2017-06-24

1巻。
異世界の客の来店する食堂。
嫌な部分も惹かれる部分もない感じ。普通。

タイトル:村人ですが何か?(1) (ドラゴンコミックスエイジ)

著者:鯖夢,マイクロマガジン社

出版社:KADOKAWA / 富士見書房

発行日:2017-06-30

1巻。
イマイチ。村人じゃねーし。

GOD WARS ~時をこえて~【ゲーム】

タイトル:GOD WARS ~時をこえて~ – PS Vita

著者:

出版社:角川ゲームス

発行日:

クソゲー。
まずロードがくそ長い。ストレス貯まりまくり。
アニメーションとか戦闘マップでの会話とか挟むのはいいけどいちいちロード待ちがあるのがストレスフル。しかも長い。

戦闘は普通のタクティクス系だけどAIが無能。AIパターンは無駄に多いのに、スキル封印がないとか無能すぎる。
あと敵のHPが無駄に多くてげんなりする。

リッチなコンテンツを目指してたのだろうけど、肝心のストーリーもイマイチ。
『GOD WARS ~時をこえて~』と大層なタイトルなのに気のふれた母をめぐる騒動。松居一代かて。
道中も惹かれないししエンディングもイマイチってか残念。無駄の大作感がムカつく。苦労してクリアしてこれかよって。

せっかくだからと最後までクリアしたけど、途中で投げ出しても良かった。

あとエラーが出てセーブ前まで逆戻りした。累計5回も。ありえん。
同人ゲームじゃあるまいし、まじでくそ。

今年一番のくそげー。

すごろくネイキッド【ゲーム】

タイトル:すごろくネイキッド

エロゲー。
シチュエーションがすごく好み。罰ゲームで露出させられる系。エロい。
1週目は非常に良かったけど、周回プレイがめんどくさいのが唯一欠点。

天空の魔神とはじまりの聖女【ゲーム】

タイトル:天空の魔神とはじまりの聖女

エロゲー
手軽に遊べて面白かった。良作。
ゲームはロックマン的な2Dスクロール。ドットエロに加えてカットインする1枚絵が良い。
1時間くらいでクリアできる手軽さ。サクッと楽しめる。

武奈ヶ岳・蓬莱山【登山】

初テント泊。
超楽しかった。

しかしも、めちゃくちゃ疲れた。

登山計画
【1日目】比良駅→イン谷口→大山口→ダケ道コース→八雲ケ原→武奈ヶ岳→八雲ケ原(テント泊)
【2日目】八雲ケ原→鳥谷山→蓬莱山
1日目のメインは武奈ヶ岳(標高1214M)、2日目のメインは蓬莱山(1174M)。そんな適当な計画で。

装備はいつもの日帰り装備に加えて
・テント、テントマット
・ユニクロダウン(寝袋代わり)
・蚊取り線香
・ガス+コンロ+クッカー+食料+スプーン

7:40比良駅着。歩きで大山口を目指す。意外と暑く登山口時点で既に汗だく。大山口はカモシカ台北比良方面へ進む↓

2時間半くらい歩いてやっと北比良↓
非常にきつい登り。ってか荷物が重い。汗が尋常じゃない。シャツもズボンも搾れるレベル。

八雲が原という湿原地帯到着。イモリ天国。イモリって実際に見たのは初めてかも。橋が非常にスリリング。老朽化が激しく不可をかけすぎると簡単に抜ける↓
ここで昼ごはん。テント場?らしいけどまだお昼だからかテントなし。ここにテント張って身軽な感じで武奈ヶ岳行こうと思ってたけどやめる。
荷物をもって武奈ヶ岳へ。

武奈ヶ岳山頂。トンボだらけ。人も多い。20人くらい。

山頂景色は周囲の山々を見下ろす360°の絶景。
さすが日本二百名山だけある。天気はあいにくの曇り。
不吉な黒い雲。せっかくのテント泊が雨にならなければ良いが。

武奈ヶ岳からワサビ峠方面へ↓
過去最高の稜線歩き。これは楽しい。テンション上がる。

下から見ても良い稜線。山頂からググッと続く感じが好き↓天気も少し持ち直す。

ワサビ峠からテント張りに八雲が原に戻る。

八雲への道中良さげな場所を発見。[RP中峠7]の辺り。
水源に近い川が気に入る。人もいないのでここにテントを張る。標高967M。

晩御飯は炊飯米とレトルトのサバ。食後に白湯。
「山」且つ「空腹」ならおいしく感じないはずがない。非常に満足満腹。
新品感漂う調理器具セット↓

初のテント泊は楽しい。
テントの中は意外と快適。割とあったかいし、山なのに虫の居ない快適空間。人間の領域。
敷きマットは持って行って良かった。地べたは冷たいし硬いし、マットないと悲惨。
川の近くはやはり正解。川が近くにあると贅沢に水が使えて良い。生活クオリティが上がる。体が拭けるし、食器とか洗えるし、沸かせば好きなだけ水が飲める。

ちなみに川の水の生飲は推奨されない。原因は動物の糞尿に含まれる「大腸菌」。ただ大腸菌は100°で3分くらい煮沸すると死ぬらしい(ネット調べ)。その他諸々の菌も煮沸すれば死ぬので、煮沸すればだいたい大丈夫。
<標高と沸点>
標高1000m=水沸点96.8°
標高2000m=水沸点93.8°
標高3000m=水沸点90.5°

ご飯食べたら後は暇。スマホkindleにDLしておいた『コンビニ人間』読んで過ごす。19時半日没と同時に就寝。
3時頃起床。寒いし暗い。ダウンを着込むがそれでも少し寒いくらい。そして暇。夜明けが待ち遠しい。もっと本持ってきたらよかった。圏外のスマホなぞ役に立たない。
あとテントの外には蛍?点滅発光する物体が。不気味に感じる不思議。夜の森って怖い。

5時頃夜が明けたので朝ご飯。
せっかく持ってきた米を大半ダメにする失敗↓朝のおかずはサラミ肉。

◆テント泊の反省
テント泊は不自由なく楽しかった。
追加で欲しかったものは、塩、鍋のフタ、ハエ避け、粉茶、着替、多めに食料、くらい。

で、テント泊自体は良かったけど荷物を舐めてた。重い。
テント=2kg
マット=1kg
調理器具=1kg
水=4kg
その他=2kg
合計10キロを担いでの登山はきつい。電車移動の時点でしんどかったくらい負担。
水が特に重量感ある。が、まぁこれくらい必要だろう。今日1日で1.5l飲む(残2.5l)。
純粋に重いし、重心が後ろに持っていかれて歩きずらいのも意外と疲れる原因。

ちなみにテント泊
場所によってはキャンプ(野営)許可地があってそれ以外はNG
武奈ヶ岳みたいに特に指定のない場合は良識あればどこでもOKみたいな感じらしい。

2日目。
今日は蓬莱山を目指す。
予定を考えてたら2日目の昼ごはんを忘れてることに気づく。食糧危機。まぁ飴と水で我慢するか。
テント撤収し6時くらいに出発。が、肩が痛くてリュックが背負えない。擦り傷っぽい痛み。タオルを挟んで何とか痛み軽減。やばめ。
※家に帰ってから見ると水膨れが発生、破裂してた。

道順は金糞峠から縦走コースをたどって琵琶湖バレイ山頂駅(打見山)」→蓬莱山へ。

打見山の山頂付近の等高線がえげつないと思ってたらスキー場。
実際相当きつい。疲れた体に堪える。
到着して初めて知ったのだが、打見山山頂は『琵琶湖バレイ』というファミリー向けのテーマパークになっている。今日は連休とあってかすごい人。地上までロープウェイも通っている。蓬莱山もここからロープウェイで行ける。が、徒歩で向かう。
その前にせっかくなので休んでいく。昼ごはん食べて、水も補充。ご飯食べられたのは本当に助かった。

楽しげに遊具で遊ぶ子供たちを横目に蓬莱山山頂を目指す↓

蓬莱山山頂↓
日本三百名山だと聞いてたけど想像と違った。
魔改造された大阪城的な感情。

で、下山しようと思ったが、金毘羅峠ルート通行止め↓
ロープウェイで帰ろうかとも思ったけど、権現山方面に大回りしてJR蓬莱駅へ下山することに。

下山中、雨がパラついてきて、遠くで雷鳴って焦る。
カッパないし沢沿いの下山道で増水とか困る。雷は死ねる。
焦ったせいで沢わたりでこける。幸い擦り傷程度のケガで済む。
急いで下り登山口↓

が、ここからなぜか道に迷う。
何を間違えたのか大きく左方向(北)に逸れていた。沢沿いに降りてるつもりが別の枯沢沿いに降りていたっぽい。まぁ道逸れても雑木林抜けるだけなのでGPS見ながら下山。正規道から50Mくらい北の民家裏に出る。何とか無事下山。疲労感ぱない。

◆全体行程
【1日目】比良駅(7:40)→イン谷口(8:20)→大山口(8:50)→北比良(11:20)→八雲が原(11:30)→武奈ヶ岳(13:00)→テント設営地(15:00)
【2日目】テント設営地(6:00)→中峠(7:00)→金糞峠(8:00)→南比良峠(8:50)→荒川峠(9:10)→鳥谷山(10:00)→葛川越(10:30)→比良岳(11:00)→木戸峠(11:30)→打見山(12:00)→蓬莱山(13:50)→蓬莱山登山口(15:20)→蓬莱駅(16:20)

時間的には余裕だったけど体力と体耐久が限界。
時間あるから歩けるだけ歩こうの発想は良くなかった。日帰り登山との違い。
普通の2連休で行くなら[キャンプ+軽い登山]くらいがちょうど良さげ。翌日がつらい。

しかしも家帰って風呂入ると皮膚の損傷が激しい。肩部がリュックの重みでみずぶくれ。ケツ周りに汗疹。割れ目が特に酷い。汗だらけのパンツで蒸れたっぽい。荷物量を減らしたくて着替えのパンツとズボンを持っていかなかったのは失敗。ズボンはともかくパンツの着替えは必要。
肩の負荷対策は肩になんか貼るようにしよう。
薬系も欲しい。消毒液とか虫さされ薬とか。

持っていきたい物はたくさんあるが荷物は重くしたくないジレンマ。

カメ五郎

タイトル:Fielder vol.21 大特集:森の恵み (SAKURA・MOOK 88)

著者:笠倉出版社

出版社:笠倉出版社

発行日:2015-04-28

ニコニコ動画。
カメ五郎のサバイバル動画が面白かった。
『虫食い生活』~『多摩川自給自足生活』でゲテモノ食いの哀れな雑食人だと思って笑って見てたが、『狩猟生活』でなんだか尊敬せざるを得ない感じになる。

相模川虫食い生活
泥水料理が衝撃的。衛生意識とか。

【自然を食べよう?】備蓄を食べよう!編
アナグマ肉。うまそう。

多摩川自給自足生活
2010年の初投稿のシリーズ。すっぽん解体。

カメ五郎の狩猟生活
ためになるのがなんだか憎らしい。狩猟とか食べられる植物とか。

割とマジで頭のおかしい人。
味覚と衛生感覚と飢餓感が一般人と違う気がする。
しかしまぁ人類はあんな生活でも生きていけるというのが割と衝撃的。

怒り【映画】

タイトル:怒り

著者:

出版社:

発行日:

映画。
一人の悪人が他人を狂わせる話。
そこそこ面白かった。

罪作りなモンタージュ写真。信じる者が救われる。

街ナカいいなり女子○生~ミッション系調教RPG~【ゲーム】

タイトル:街ナカいいなり女子○生~ミッション系調教RPG~

エロゲー。
くそゲーっすわ。
楽しげなストーリー展開でスーファミ的なドット絵で楽しくプレイしてたけど、バグで詰む。まじくそ。
上級ミッションの「催淫薬、拘束」のフラグが立たずクリア不可能。

<バグ>
【中級】アナルセックス→新町でクリアできるが坂巴駅コンビニでもエンドレスにイベント発生
【中級】浣腸後、排泄→浣腸イベントが発生しない。排泄のみイベント進行。
【上級】浣腸後、排泄→イベントは進むがクリア判定にならない
【上級】催淫薬、拘束→トイレに入れない(致命的エラー)
あと釘バットが無限ポップする。

釘バットとか誤字脱字くらいならどうでもいいけど、せめて致命的なエラーはデバックしてて欲しい。

17/08/12追記

修正パッチあててクリア。
クリアはできようになったがバグの多くはそのまま放置。クリアしてなおクソゲーと言わざるを得ない。

オークの野望:全国版

タイトル:オークの野望:全国版

エロゲー。
オークの野望の続編。
続編といっても世界観が同じだけ。
ゲームシステムは『ウラレタウン』的なSLG。ストーリー進行のペースが遅いのが不満点。

システムはイマイチだったけど、キャラが豊富なのは良かった。獣人とか。嫌がる罵りセリフが多いのも良かった。

全体的に悪くないが、3Dモデルを使った調教ものは『ウラレタウン』が良すぎたせいで他のゲームが響かない。好きなジャンルなのだけど。