コケムスシェルター

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮【映画】

続編。
1作目の方が面白い。説明回。謎が明らかになっていくのは良いけど、面白みが足りない。次で最後。
YouTubeで100円。YouTubeて倍速ないのかと思ってたけど、1.25倍/1.5倍/2倍の速度選択可能。

メイズ・ランナー【映画】

洋画。
サバイバルもの。ハラハラな展開で面白かった。
ツタヤディスカスにて300円。

2018年9月【読んだ本】

6巻。
かわいい。だが馬鹿だ。

1巻。
なろう小説。コミカライズ版。
割と好き。ゲーム廃人のエンチャンター無双。

1巻。
楽しげなノリは好き。

1-2巻。
地味過ぎてイマイチ。ファンタジー要素なさすぎる。ただの中世タイムトラベル。

1-14巻。
今更ながら読む。面白かった。

7巻。
まだまだ面白い。

2巻(完)
完結してしまった。もっと見たいくらい面白かった。

28巻(完)
途中、なかだるんだ感あったけどちゃんと完結。
意外なラスト。

聲の形【映画】

映画版。
いじめる人、世話焼きな人、陰口叩く人……様々なタイプが登場。
自分の学生時代が思い巡る。車椅子に乗ってた同級生はただ大変そうだなと邪気はなかったけど、知的障害の人は内心バカにしてたかも。まぁ当時は知的障害の概念を知らなかったけど。
障害に限らず小学生時代のいじめは難しい。

ラブストーリーというより、障害者の悩みと救いの話。
他人の負担になるのって悲しい。どうしようもないだけに。ボケたら殺してくれっていうのに似てるかも?

主人公に対する辛辣な言葉が劇中に出てくるのが良かった。
批判も受け止めつつ、生きていく。

劔岳 点の記【映画】

渋い。
正直面白くはない。なんというかドラマ性が薄い。
無理やり親子の話絡めたり、怪我したり。

映像美はすごい。立山もう一回登りたくなった。てか剣岳行きたい。

勝手にふるえてろ【映画】

なんとなく視聴。
本屋のネタ画像が好き。

内気で妄想好きな女子の日々。
「勝手にふるえてろ」って話。非常にめんどくさい子。メンヘラこわい。
笑えるけど笑えない。見てて心が痛い。

割とハッピーエンド良かった。一歩間違えばバッドエンド。

ジュラシック・ワールド

映画。
これの続編が今映画でやってて、予告で気になってたので視聴。
youtubeで300円。今アマゾンで見たら200円やったが。

ともかくは結構面白かった。
ラプトルかわいい。
翼竜が人を狩りに来た展開はちょっと謎。パニック感は良いけど。

2018年夏アニメ

今期あまり見てない。
「あそびあそばせ」が面白い。
オーバーロードは原作読んだから面白いけど、初見向きではないなぁ。

あそびあそばせ
好き。

シュタインズ・ゲート ゼロ
2クール目

オーバーロードⅢ
王国編

ヤマノススメ サードシーズン
ここなちゃん不憫。

邪神ちゃんドロップキック
クソアニメ。クソつまらない。でも見る。ぺこら好き。

ヤマノススメ サードシーズン
減りゆく山パート。

ハイスコアガール
かわいい。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
なろう系。

2018年8月【読んだ本】

続編さっそく読む。
話的には1の方が好きだけど、2も結構面白かった。
伏線……ではないけど伏せられてた色々なが明らかになる。

バカSF。
以前読んだ『最後にして最初のアイドル』と系統的には似てるかも。
「仏理学」とか当然のようなテンションで使用される造語が面白い。
ストーリーは意外とシリアスめ。もっとアホっぽい話のほうが楽しめたかも。

「本多孝好」著の本。
高校か大学のときに読んだ『MOMENT』がすごく好きだった。しかし『真夜中のなんちゃら』がつまらなくて落胆した覚えがある。
で久々に読むと非常に面白かった。
『MOMENT』の再来。やはりこの人の書く終末の話は面白い。好き。
キャラクターも魅力的。
続編も出てるので購入予定。

異世界転生。
高須系ヤンキー。ただのいいやつ。

出オチファンタジー。

11巻(完結)
河合荘後片付け。面白かった。

コヤマノ岳【登山】

最近、寝ても覚めてもゲーム(ARK)漬けでちょっと外に出たくなったので山。
お盆で混んでるかもと思ったけど、逆に全然人居ない。
シニア層が帰省迎えで忙しいのかも。意外と穴場な時期。

予定立てるのが面倒だったので適当に行ける武奈ヶ岳へ。
イン谷口からコヤマノ岳でテント泊して往復にしようかなと軽い計画。

しかしいざコヤマノ岳に行くと水場のアクセスが思ったより悪い。急斜面且つ距離が長い。往復しただけで汗だく。あと今日は水量が少なかったのもちょっと不満。なので中峠でテントに変更。ついでに帰路は坊村バス停へ。

中峠は初めてテント泊した場所。同じ場所にテント張る↓
思い返すと初めては水4L持っての過酷登山だったな……今日は水2L。装備も軽量されてその時よりだいぶ軽量してるのではないだろうか。

帰路は坊村バス停を目指す。いつもイン谷口からなので、坊村に行くのは初めて。
中峠からワサビ峠、御殿山まで上り、そこからは下っていく。
途中に積雪・無積雪の分岐有り↓

御殿山登山口到着↓
登山口から数キロ?が激しく急降なつづら折り。
下りも大概しんどかったけど、上りはもっとキツそう。

下山完了が朝の9時前。
これから登山する人達とすれ違いながらバス停へ↓
我ながら変な時間に帰るなぁと。というのも坊村からの京都行きバスが朝の9:51と夕方の17:21の2本しかない。乗るなら朝の方。
滝巡りできるコースから下山しようかとも思ったけど、多分朝のバスに乗れなくなるので最短ルートで下山。まぁ久々登山ということもあってか、体力的にも結構厳しかったのだけど。

【1日目】
JR比良(9:10)→イン谷口バス停(9:30)→コヤマノ岳(13:00)→中峠(15:00)
【2日目】
中峠(6:00)→坊村バス停(8:40)→バス発(9:51)

やっぱ中峠は良いテント地。水が豊富にあるってのが魅力的。
標高が低いのと、圏外なのが少しだけネックか。まぁ圏外の方が読書は捗るけど。今日は『天駆せよ法勝寺』と『dele』の2冊読む。どちらも面白かった。

リュックを新調

今回テント泊用リュックを新調。
テント泊用のリュックはモンベルの「バーサライトパック40」を使ってたけど、小さい穴が空いてきてるので買い換えた。

新しいのは難波の好日山荘で購入した、ミレーの「サースフェー 38+5」。セールで16800円。

「サースフェー」なかなか良い。
背中へのフィット感が高いのが良い。「バーサライトパック」より重いけどその分背負い心地が良いので負担は却って低い気がする。

※重量
「バーサライトパック40」→710g
「サースフェー 38+5」→1460g

細かいところでは、
・作りがしっかりしてるのでチャックの開閉が楽。
・ポケットが多い。
ところがよかった。

総合評価は
「バーサライトパック40」→☆☆☆
「サースフェー 38+5」→☆☆☆☆
という感じ。

2 / 5712345