コーヒーが冷めないうちに【映画】

時田数(有村架純)が従兄で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。そこには、不思議な都市伝説があった。それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。どんなことをしても現実は決して変わらない。それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。そこで彼らを待っていたものとは?そして、主人公・時田数に隠された真実とは?(C)2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

☆☆☆
アマプラ映画。
未来は変えられないタイムスリップできる喫茶店の話。
感動作。良い話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。