Google Data Studio

Google Data Studio』初めて使ってみた。
感動ものの有能ツール。さすGoogle。

きっかけは、二次エロ変態紳士(https://hentaishinsi.com/about/)がデータスタジオでアクセスレポートを公開してるのを見つけて。→『二次エロ変態紳士(公開レポート)

「Google Data Studio」はいわゆるBI(Business Intelligence:ビジネスインテリジェンス)ツール。
他のBIツールと比べての特徴は、グーグルのサービス(スプレッドシート、アナリティクス、Google 広告、Google BigQueryなど)のデータを、簡単に結び付けることができる。

いろいろ使い方はあるけど、個人的には「Google Analytics」のデータを抜粋して一般公開できるのが良いなと思う。

で、感動の機能が、テンプレートが共有できる点。すごい。
『二次エロ変態紳士(公開レポート)』のデータソースを自分のサイトのAnalyticsに差し替えると、同じテンプレートデータが作成できる。

アンテナサイトのアクセスランキングに利用したい気持ちがあるけど、GAのリファラー機能はその使い方には向かなそう。
ちょっとやりたくて試行錯誤してみたけど、下記が問題点。
・リファラーがURL表示される
・livedoorブログが同一集計される
・OUT数が集計できない。
置換とかイベント処理とかカスタマイズしたらいけそうではあるけど、手間がかかりすぎる。
誰かそんなテンプレートを作って欲しい。

Delete Duplicate Posts

WPのプラグイン『Delete Duplicate Posts』が最近契約したFC2レンサバでうまく動いていなかった。
手動なら動くけど、自動の削除機能が動かない。同様の使い方してる別サーバーのだと動いているので、サーバーかWPの初期設定の問題っぽい?

プラグインのQアンドA見ると解決方法記載有り。
WPの自動更新機能を切って、CRON設定すると解決するらしい。
・https://wordpress.org/support/topic/run-every-minute-not-work/
これで、とりあえず動くようになる。

19/06/21追記

嘘ついた。上記ので動いたと思ったら動いてなかった。
wp-config.phpの下記記述を消すと動いた。

define('WP_AUTO_UPDATE_CORE', false);

WPの自動更新機能がバグってるかと思ったら、初期インストールの記述で自動更新昨日がストップされてたのが原因。

WordPressメンテナンス

「WordPress」のバージョンアップしようとしたらPHPのバージョン上げないとできないと言われる。

現在は「PHP7」が推奨らしい。時の流れを感じる。
とりあえずバージョン上げたが、動かないプログラムとかあって焦る。一部は旧バージョンで保留。いつか修正しないとな……

久々にネットオウル管理画面に行ったらレンサバのプランが名称変更されてた。前は「ファイヤーバード」とか「クローバー」とかだったけど、「スタンダード」とか「プレミアム」のわかりやすい名前になってる。前の変な名前も好きだったけど。

あと最近、FC2レンサバを新たに契約したのだけど、SSL化が簡単にできるようになってて嬉しい。調べると他のレンサバでも最近は証明書が無料かつ更新も自動でやってくれるのがスタンダードっぽい。
ただし、FC2レンサバの古い契約の分は非対応?っぽい。悲しみ。

あとこのサイトのWPテーマ変える。
自作の使ってたけど、似たような雰囲気の良さげなやつ「sparkling」

アダルトアンテナサイト巡回【2019年】

 

毎年恒例な?アダルトアンテナサイト巡回。
更新→アダルトアンテナサイト【まとめ】(http://hytool.org/archives/4198)

 

「similarweb」も久々に開いたけど、平均滞在時間とか直帰率が見れるようになっててすごい。平均滞在時間はアンテナサイトは3分くらいが平均。エロタレストが10分あって驚く。アーカイブとして利用されてるのだろうか?

 

新規アンテナサイトをざっと検索したけど、なさげ。
まぁリーチサイトも違法化されるっぽいし、敢えてアダルトアンテナを新規に始めようとは思わないだろうぜ。

 

巡回すると閉鎖したサイトが結構多い。
「エロ漫画ガイド(http://eromanga-guide.info/)」「エロステ!(http://eromanstation.com/)」「BL同人誌3Xjp(http://bl-doujin.xxxjp.net/)」「無料動画navi(http://ero-antena.net/)」「モンブラ(http://monbra.jp/)」「エロ同人あんてな(http://animedoujin.com/)」「エロコミボックス(http://erocbox.net/)」「こまにゅう(http://comanews.com/)」「にじてな(http://niji-antenna.com/)」「オタク男子アンテナ(http://otadantenna.com/)」がサイト閉鎖(更新なし)。

 

「likevideo.jp(http://adult.likevideo.jp/)」が「もぶアンテナ(http://mobantenna.com)」に転身。
たぶん2chアンテナ運営状況(2019年1月)【Webエンジニアがアフィリエイトで稼ぐ】(https://webserv.hatenablog.com/entry/2019/01/26/124844)の記事のサイト。

 

しかしも2chアンテナは難しいよなー。自分も3年くらい前に始めた2chアンテナサイト(一般向け)があるのだけど、挫折して自分用のRSSリーダーと化している。先月1ヶ月間で15万PVの収益1000円くらい。PV数がずっと停滞してて伸びる気配がないのだよなぁ。

 

個人的な2chアンテナの挫折原因は、
・競合サイトがクソほど多い。
・アダルトサイトほどアクセストレードが活発でない。
・スマホアプリの時代
自分でもサイト作っておきながら一番良く見るのが「SmartNews」だしなぁ。さもありなん。

 

記事では、

今年中には最低10万PV/日は達成したい。
2chアンテナの運営状況も今年は書いていく予定です。

らしいので、良い情報があればぜひ参考にしたい。

 

ついでにエロサイトの運営ブログチェック
さよならダメにんげん(http://www.damebito.com/)
Webエンジニアがアフィリエイトで稼ぐ(http://webserv.hatenablog.com/)
副業アダルトアフィリエイトで稼ぐブログ(http://adult.s-biz.net/)
弱小アフィカスの末路(http://zennmaiq.com/)
気ままに小遣い稼ぎ(https://kodukainikki.com/)
アダルトアフィリエイト初心者の実践と感想(http://adultafiri.net/)
Neememo(https://neememo.com/)
【初心者だから!今更アフィリエイトなんて時代遅れ?】そんなことはない!アフィリエイトの始め方ブログ(http://www.xn--w8jzc1es661ascav09g.com/)
アダルトアフィリエイト実践記~初心者ニートでも稼げるか?~(https://affili-adult.net/)
ノマド憧れ(https://log-5.com/)

新規サイトはポツポツくらい。最近のアフィリエイトはアダルトよりYouTubeが流行りだろうか。

 

追記

そういえば、このサイトで一番アクセスの多い記事がアダルトアンテナサイト【まとめ】(http://hytool.org/archives/4198)なのだけど、DMCAで検索から除外されてる。DMCA (Copyright) Complaint to Google(https://www.lumendatabase.org/notices/16363974)
「言いがかりだ!」みたいな異議申し立てを送ったけど「もっと根拠よこせや」みたいな返信返ってきて諦める。
まぁ確かに記事内容は「違法サイトのリーチサイトのリーチサイト」だけど、そんなこと言われちゃ何もリンクできねーよってなる。改正予定の日本の著作権法ではリーチサイトの定義がどうなるのか楽しみ。そういえば米国法的にはリーチサイトってどんな扱いになってるんだろうか。
あと、リーチサイトではないけど、欧州法での抜粋転載使用料のニュースが面白げ。出た、Google最終兵器。EU著作権法改正後の真っ白な検索結果がリーク【ギズモード】(https://www.gizmodo.jp/2019/01/google-eu-white-serp.html)

ワードプレスとかAmazon APIとか

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

ワードプレス

ワードプレスを更新したらエディタが変わってた。
個人的に気になる変化点は、
・改行がBRタグでなく、Pタグになる。
・ドラッグドロップで 画像リンクが挿入できる。
・公開前チェック機能(OFFにできる。)

 

ちなみに旧エディタは2021年まで使えるらしい。(プラグインで)
ちょっと使ったけど、旧エディタにする。
なれたらそうでもないのだろうけど、旧Verの方が好き。

 

あとテキストエディタで空白行を改行した場合にBR的な改行が反映されなくなる。やめてほしい。
しかも過去記事まで影響するとかひどい。行間ギチギチできもい。
テキストエディタで書いたあと、ビジュアルエディタで改行していくという謎作業をしている。

Amazon API

このブログ用に「Amazon API」使って商品検索するツールを使ったけど、去年くらいから表示できなくなる。
なんか規約が変わったらしい。んで代わりに「Amakuri」使ってたけどそれもサービス終了してしまう。かなしみ。

<海賊版誘導>「リーチサイト」規制へ 運営者らに罰則

<海賊版誘導>「リーチサイト」規制へ 運営者らに罰則
 文化庁は、漫画や映画などの海賊版サイトにインターネット利用者を誘導する「リーチサイト」を規制するため、著作権法を改正する方針を固めた。リーチサイトにリンク(URL)を張る行為は、これまで違法ではないと解釈されていたが、これを著作権の侵害行為とみなし、著作権者が掲載の差し止め請求をできるようにするほか、提供者らに対する罰則規定を設ける。来年の通常国会に同法改正案の提出を目指す。

 文化庁長官の諮問機関・文化審議会の小委員会がリーチサイトの対応を議論しており、9月に論点整理案をまとめた。

 小委員会はリーチサイトそのものには海賊版は掲載されていないものの、リンクを張ることで海賊版の拡散を助長しているとして「著作権侵害と同視すべき大きな不利益を著作権者に与える」と指摘。整理案を受けた文化庁が民事、刑事の双方で規制する方針を決めた。

 差し止め請求の対象は「海賊版に誘導するリンクを張る行為」で、リンク提供者だけでなく、削除できるのに放置したサイト運営者も含まれるとする。憲法が保障する表現の自由を侵害しないよう、リンク先が海賊版であることを知っているか、知ることができたと認められる場合に限定する。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1014/mai_181014_2205425759.html

漫画村の一件から海賊版サイトへの対策が急速に進んでいる。
リーチサイト対策については、著作権法が改正され違法となる見込み。早ければ来年か。
現状でも合法ではないけど、違法とも言えないグレーな感じ。

リーチサイトは漫画関連だけでなくて、電子コンテンツすべてに関連する。
・画像系(漫画)
・動画系(アニメ・ドラマ・映画・音楽)
・プログラム系(ソフトウェア・ゲーム)

プラットフォームサイトは海外で運営されていることも多く日本法での対処が難しい。
対してリーチサイトは日本人が運営していることが多く、法整備さえしてしまえば、抑制効果は高いかもしれない。
まぁ違法DLが法改正で違法になってもあまり効果がなかった気がするので同じようなことになるかもしれないけど。

「同人誌ならグレーだから訴えられない」「駿河屋で買って自社で裁断」 被害続く“違法同人誌サイト”、法人運営の悪質手口を関係者に聞いた

「同人誌ならグレーだから訴えられない」「駿河屋で買って自社で裁断」 被害続く“違法同人誌サイト”、法人運営の悪質手口を関係者に聞いた(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/30/news002.html

ねとらぼニュース。同人誌界隈の漫画村的なサイトの取材記事が目に留まる。

記事によると、「同人あっぷっぷ」「BL同人801館」「moemax」「同人ラボ」「ビーシェアリンク」「BL同人801館」「BLマガジン」「裏バラ本舗」「ボーイズライブラリー」などの同人誌違法アップロードサイトを、熊本県の法人が運営しているらしい。
同法人は、サイトの運営とパワーストーンの販売、女性向けアダルトグッズの販売が主力事業。

法人運営のサイトは、だいたい広告代理店がやってると思ってたけど、アダルトグッズ販売店がやってるパターンも有るらしい。
リンクたどると「ラブトリップ(https://love-trip.jp/)」がそれっぽい。

18/09/07追記

ねとらぼ記事から約2ヶ月半、サイト巡回してみると軒並み閉鎖。現在も継続して運営しているのはおそらく『鬼畜ちんこ』だけ。

・更新止
ビーシェアリング(http://b-share.net/)
もえぶっく(http://moebook.net/)
BL同人801館(http://bl-doujin801.com/)
やおいぼん(http://yaoibon.com/)
ラブドージン(http://lovedooojin.com/)
同人あっぷっぷ(http://d-upp.com/)

・サイト閉鎖
裏バラ本舗(http://comic-doujin.com/)
BLMAGAZINE(http://blmagazine.net/)
同人ラボ(http://doujin-labo.com/)
ボーイズライブラリー(http://animoe123.com/)

・継続運営
鬼畜ちんこ(http://kichikuchinko.com/)

・その他BL同人サイト
びぃきゅん。(http://b-qun.com/)
薔薇同人やおい(bl-doujin.info/)
BL同人倉庫(https://bl-doujinsouko.com/)
BL工房みんと(bl-koubou.com/)
BL図書館(bl-library.info/)
BLアーカイブ(www.bl-archive.net/)
BLグラム(www.bl-gram.com/)

SSL化

久々にWEB。ブログパーツをHTTPSサイトに対応させる。

↓記事に従ってSSL化。SSLサーバー証明書「Let’s Encrypt」は無料で使える。
FC2レンタルサーバーで運営するWebサイトを無料で常時SSL化する方法(https://hostingstock.net/article/rentalserver_fc2_com/lets-encrypt/)

テスト用にHTTPSサイトを用意。FC2ブログはボタン一つでSSL化できる↓
FC2ブログを常時SSL化(HTTPS化)する方法。(https://kazahanashinden.com/know-how/5624/)

HTTPのアクセスはHTTPSにリダイレクトさせる↓
htaccessでHTTPSにリダイレクトする(https://qiita.com/foursue/items/58e74c4a8c946dd49e12)

一昨年くらいにグーグルのSEO対策で話題になったSSL化。
当時調べたときはなんだか難しそうで敬遠してたけど、最近はSSL化に関する周辺サービスとか解説記事が潤沢になってて問題なくSSL化完了。

しかしも、作業はできたけど、そもそもSSLが一体何であるかとか、SSL化してないとHTTPSサイトでブログパーツが表示できない理由もよくわかってない。まぁいいか。

追記。
よくわかってないメモ
・SNI(Server Name Indication)
・SSL(Secure Sockets Layer)
がある。
証明書で発行先がドメインと一致しないものがSNI。
SNIのサイトをブラウザ上で処理すると正常に動くが、サーバーのCRONで動かすとエラー。な現象が発生。
「古いブラウザだとSNIに対応していない」みたいなことが原因か?処理サーバーを変えるととりあえず動く。

更新メモ

「Let’s Encrypt」は3月毎に更新が必要。
自分用手順メモ。

1:証明書更新申し込み(ネットオウル)

SSLBOX管理から更新申し込みを選択→ドメイン所有確認が完了すると新しい証明書が発行される。

2:証明書更新(FC2レンタルサーバー)

証明書は変更ではなく新規追加を選ぶ。

3:証明書変更(FC2レンタルサーバー)

ドメイン設定から使用する証明書を変更する。

DLsiteアフィリエイト

タイトル:にじよめ DLsite クリアファイル

著者:

出版社:

発行日:

最近「DLsite」でたまに買い物する。主に同人ゲーム。
気が向いたので、アフィリエイトをちょっと触る。

「DLsite.com」とは

「DLsite.com」は、同人誌、同人ゲーム、音声作品の専門店。二次元総合ダウンロードショップ。
二次元のダウンロードコンテンツ、特に同人作品の品揃えが豊富。

DLsiteアフィリエイト

「DLsite」は、コンテンツが良くも悪くも非常にマニアック。客の絶対数は少ないが買う人は買う。「DLsite専売」が狙い目。
報酬率は一律10%でまずまず。同業の「DMM」と比較すると、カテゴリー報酬も10%なのは嬉しい。
(※DMM報酬率は「ダイレクト報酬」が10%、「カテゴリ報酬」が3%、「D友紹介料」が一律1000円。)

DLsite.comアフィリエイトについて(http://www.dlsite.com/home/guide/affiliate)
報酬の料率と受取方法(http://www.dlsite.com/home/guide/affiliate/reward)

DLsiteアフィリエイトツール

「AZ」シリーズにDLsite版追加。APIないのでスクレイピングにて。
なんとなく作ったけど公式ブログパーツが既に有能。出番ないかも。

【公式】リンクバナー & ブログパーツ(http://www.dlsite.com/home/blogparts)
【AZブログパーツ】DLsite(http://az.hytool.org/azdl.php)

Python入門

タイトル:ボールパイソン (見て楽しめる爬虫類・両生類フォトガイドシリーズ)

著者:Go!! Suzuki

出版社:誠文堂新光社

発行日:2014-03-19

Pythonで遊ぶ。

Python導入

入門本でも買いに行こうかと思ったけど、雨降ってるのでやめる。
適当に検索したPythonWeb(http://www.pythonweb.jp/)でPython入門。

まず、公式サイト(https://www.python.org/)からPython3.62をダウンロード。
書いたプログラムはコマンドプロンプトで実行する。

コマンドプロンプトって初めて使う。
WIN10ではWindowマークを右クリック→ファイル名を指定して実行(cmd.exe)

◆コマンドプロンプトメモ
デスクトップに移動する→cd desktop
前回コマンド→F3

# coding: UTF-8
# python-3.6.2
print ("Hello world")

↑で「Hello world」が無事表示でき、とりあえず導入完了。
Python2とPython3は互換性がないらしいので、ネット検索の際はPython2の古い情報に注意が必要。

WEBスクレイピング

PythonでWEBスクレイピングするには「urllib」と「Beautiful Soup」というライブラリを使えば良いらしい。
PythonとBeautiful Soupでスクレイピング(http://qiita.com/itkr/items/513318a9b5b92bd56185)

「urllib」は標準で入ってるライブラリ。「Beautiful Soup」は要インストール。
※ライブラリのインストールはコマンドプロンプトに「python pip install beautifulsoup4」と入力するだけでOK。便利。

# coding: UTF-8
# python-3.6.2
# beautifulsoup4 4.6.0

import urllib.request
html = urllib.request.urlopen('http://hytool.org/archives/9932')
from bs4 import BeautifulSoup
soup = BeautifulSoup(html)

# h1,imgをprint
print (soup.find_all("h1"))
print (soup.find_all("img"))

# .txtへ出力(w=上書き/a=追記)
a_string = soup.a.string
f = open('test.txt','w')
f.write(a_string)
f.close()

↑で指定したURLからh1タグとimgタグ情報をスクレイピング。
「find_all()」で得た値は「print()」する分には問題ないが、そのまま「write()」するとエラー。文字列にしないとダメっぽい。

スクレイピングするならPythonが簡単♪みたいなのを聞いたのでちょっと触ってみたけどPHPで処理するのと別に変わらん……慣れたPHPでやりゃあいいかなって気になる。

とりあえずここまで。気が向いたらまた触るかも。