ソラニン【映画】

自由を求めて会社を辞めた芽衣子と、フリーターをしながらバンドを続ける種田。未来に確信が持てず、寄り添いながら東京の片隅で暮らす二人……

☆☆☆☆☆
アマプラ映画。
普通にクソ面白い。
歌は知っていて、ストーリーもなんとなくだけ知ってた。
見たいと薄々思ってて見てなかったやつ。思ってたより面白いし、泣ける。
それはともかく宮崎あおい可愛いな。

花とアリス殺人事件【映画】

石ノ森学園中学校へ転校してきた中学3年生の有栖川徹子(通称アリス/声:蒼井優)は、一年前に3年2組で「ユダが、四人のユダに殺された」という噂を聞く。さらに、アリスの隣の家が<花屋敷>と呼ばれ、怖れられていることも……。花屋敷に住むという同級生の「ハナ」ならユダについて詳しいはずだと知ったアリスは、花屋敷に潜入する。そこで待ち構えていたのは、引きこもりのクラスメイト・荒井花(通称ハナ/声:鈴木杏)だった……。ユダは本当に殺されたのか?花は何故、引きこもり続けているのか?ふたりの少女の「世界で一番小さい殺人事件」の謎を解く冒険が、始まる―。(c)花とアリス殺人事件製作委員会

☆☆☆☆
アマプラ映画。
面白かった。
ミステリーっぽいタイトルだけど、ミステリーではない。
青春感と、ドタバタ感が楽しい。

アイドル無惨 〜散らされる処女〜【ゲーム】

同人エロゲー。
非常に良かった。

ゲームはSLG風味なアドベンチャー。
アイドルが売れるためにひどい目に合う感じのシチュエーション。
ボリュームはそんなにないけど、個人的に好きなシーンが多くてよかった。

ヒロインは3人。
”メスガキ”キャラの絵梨奈が好き。
特に、「スタンガンのシーン」と「ドラマ撮影のシーン」が好き。

エンディングは何パターンかあって、それぞれ面白い。
クリアまでは、CG集め込みで1時間くらい。

ボリュームに対して値段は若干高めな印象ではあるけど、『スポットライト☆シンデレラ』とか被虐アイドル好きなら楽しめると思う。

読んだ本【2021年5月】

1巻。
さすがに平和すぎる。

1-3巻。
商人もの。

1-4巻。
英雄譚のルビが「ハーレムライフ」で笑う。
ランスっぽくて好き。

1-2巻。
エルフかわいい。

1-3巻。
まぁまぁ。嫌いじゃない。

1-2巻。
イマイチ。

1巻。
よくわからない。

1巻。
加護なし(チートなしとは言ってない)みたいな感じ。

1-3巻。
攻城兵器で笑う。結構好き。

5-8巻。
序盤ほどの盛り上がりはないけどそこそこ好き。
展開はちょっとゆっくり。

1-4巻。
ギャグ漫画。結構好き。
絵が無駄にうまくて笑う。

死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット【ゲーム】

同人エロゲー。
ゲームは基本SLG。対ヒロイン戦で唐突にカードバトル始まって笑う。

SLG好きなら楽しめる。けど、システムがイマイチ。
ゲームシステムの土台は良いのだけど、演出が多くてテンポが悪い。

ゲームバランス含めてバージョンアップ中っぽいので、購入はしばらく待っても良い。

13時間くらいプレイして、ヒロイン3人攻略。ゲームターンで2年3ヶ月。
Hイベントが非常にだるい。初見は面白かったけど、1ヒロインにつき8回のイベントシーン(ほぼ同じ)があって、攻略上必要かつ、飛ばせないのがだるい。
エロシーンが苦痛なエロゲーとはいかに。
とりあえず、ここまでプレイして満足。ストーリーの結末は気になるけど、まだまだ先が長そうでやってられない。
イベントスキップのアップデート来たら再開しようかなとは思う。今のバージョンでクリアまでやるのはしんどい。

アプデ情報

「死神教団」サポート記事(https://ci-en.dlsite.com/creator/65/article/462628)
※フォローしないとアップデートパッチやバージョンアップ情報が見れない。
5/3時点で「1.0.9」が最新バーション。致命的なバグも多いので最新版でのプレイ推奨。

追記

GW暇だったのもあって、ノーマルエンドクリアしてしまう。(ver1.0.9)
結局27時間半かかる。
振り返ってみると、初めの10時間くらいは非常に面白かった。
しかし残りの17時間半はただただ苦痛な作業。しかもトゥルーエンドはもう1週必要とか、ふざけてる。

良い要素が多いだけに惜しいけど、現時点ではクソゲーと言わざるを得ない。今後のアップデートに期待。

MARIONETTE【ゲーム】

同人エロゲー。
娼館経営SLG。世界観が楽しかった。
エロはドットのモーション。
ゲームは、難易度イージーでプレイ。
武器とか強化MODとか要素は良いけど、雑多過ぎてフレーバーと化す。
中盤以降はほぼ放置ゲー。50日でエンディングくらいでちょうど良い気がした。あるいは10倍速機能とかないとちょっと冗長に感じた。

HELLO WORLD【映画】

京都に暮らす内気な男子高校生・直実の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミが突然現れる。ナオミによれば、同級生の瑠璃は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。(C)2019 「HELLO WORLD」製作委員会

☆☆☆☆
アマプラ映画。
面白かった。一条さんかわいい。
展開が1転2転するのは良かったけど、結局主人公何もしてないじゃんみたいな気持ちにはなった。
考察サイト読むとまぁ色々可能性は有るのか……という印象。しかしもどの説も煮え切らない感じが気持ち悪い。
面白かったけど、若干のもやもやが残る作品。
あと「一条さん」じゃなくて「一行さん」だった。