読んだ本【2020年6月】

1-8巻。
アニメから。面白い。
結末というか過去が気になる。

3-7巻。
面白い。キャラクターが良いよなぁ。
マキマさんの目的は一体何なのか。

1-11巻。
昔読んだことあるけど、続き出てたのではじめから再読。
結婚なー、読んでて自分の印象がコロコロ変わるのが面白い。

契約結婚って理想的だなー

ラブラブで結婚いいじゃん

お互いに面倒そう。結婚しなくて良いかな

幸せそう。結婚も良いかも

男女が最大限に幸せになれる「ぼくの考えた最強の結婚」話。
王子様とお姫様な理想話ではなくて、リアルで揉めがちな家事分担とか、経済の負担とか、女目線と男目線の両方で描かれててすごい。
「無償の愛」ではなく「等価交換の愛」が理想か。
しかしも人間2人集まれば、細かいいざこざが沢山湧き出て来るのだよなぁ。

1巻。
ゆるゆり。

1-4巻。
イマイチ。なろう系でまちづくりチート。

億男【映画】

兄が多額の借金を残し失踪して以来、図書館司書の一男は日夜その返済に追われている。妻・万左子はそんな夫に愛想を尽かし、離婚届を残して娘と家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆も修復できるはず。だが、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているというネット記事を目にして怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九にアドバイスを求めることにする。久々の再会と、九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は消えていた——3億円と親友のゆくえを求めて、一男は九十九のかつての起業仲間=“億男”たちから手掛かりを探ろうとするが……。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?(C)2018映画「億男」製作委員会

☆☆☆☆
「カイジみたいな話」みたいなレビューをチラッと見たのでデスゲームでも始まるのかと思ったら全然違った。

お金ってなんだろうなって映画。
競馬のくだりが好き。本当にお金ってなんだろうな。

人を変えるのはお金。お金を変えるのは人。
お金のために生きて、生きるためにお金を得る。

お金も生き方にも、正しさなんてなくて、賭け事に使おうが、宗教につぎ込もうが、女を買おうが、自転車買おうが、その人にとって正しいなら正しい。

言葉にしづらいけど、いい映画だった。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話【映画】

北海道札幌市。鹿野靖明は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、体で動かせるのが首と手だけ。24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)たちと、自立生活を送っている。夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる鹿野を介助するボラの一人、医大生の田中はいつも振り回される日々。ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲まで新人ボラに勘違いされてしまう。おまけに鹿野は美咲に一目ぼれし、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末!最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

☆☆☆
要介護者と介護者の話。
今健康体であっても、五体満足で何歳まで居られるかと考えると他人事ではないかも。
自分がもしも五体不満足になったら、死にたいだろうなとは思うけど、実際そうなったら死ねないのだろうなとも思う。
映画は五体不満足で生きた人の実話。
主人公の「親に負担をかけたくない」みたいな気持ちはわかる。ただ「だからボランティアに頼ろう」みたいな気持ちはどうかなとちょっと引っかかった。まぁでも利害が一致するなら良いか。
「自分がどう生きたいか」がテーマ。

魔王スライムさまがんばる【ゲーム】

フリーゲーム。
ツイッターで見かけてプレイ。PC版(ver.1.10d)。

タワーディフェンスなゲーム。
罠とモン娘を配置して冒険者から魔王を守る。

難易度がちょうどよくて楽しい。適当にやると負けるけど、ちゃんと配置すると勝てる。
10話までクリアー。EXステージ1は負けた。EXはレベリング必要かも。
ドット絵のモン娘がかわいくて良かった。

正式リリース前?っぽいけど、すでに完成度高い。

スマホゲーなので、画面サイズとかガチャ要素とかはPCには対応ない感じ。ガチャないため罠とかモン娘は埋まらず。

http://maohslimesama.seesaa.net/

ボクの領地がかつて魔女たちが住んでいた島…だと!?【ゲーム】

同人エロゲー。
キャラクターが可愛くて魅力的。
ゲーム的にはSLGもタワーディフェンスもゲームとしては物足りない。

善悪とか異端とか意味のない?要素が多くてもったいない感ある。
仲間になるフラグとかマルチエンディングとかあったら満足度高かったかも。

2時間くらい?でクリアー。
EDでポイントもらえて強くて2周目ができる。

グリードロイド【ゲーム】

ロボットのアイビーを操作してダンジョンを探検しよう!
ダンジョンは潜るたびにその姿・形を変える自動生成式のいわゆるローグライク。
敵を倒し、ブロックを掘り進め、次のフロアへ向かう扉を目指そう。

アイビーはあらゆるブロックや罠を持ち上げて投げつけられる。
周囲の地形を利用し、離れた位置から敵をやっつけることができるぞ!

Switchゲーム。
ゲームビジュアルが面白そうで購入。
残念ながら面白くない。自動生成ダンジョンでオブジェクトを投げつけて戦うシステムは面白げだったけど、ゲームシステムが単純で、ゲームバランスが悪い。
攻略方法がレベルを上げて物理で殴る。だけ。
4時間くらいでクリアー。

アイテムとか、投げオブジェクトに工夫があったら良かった。
なんというか全体的にシンプルすぎる。

500円なら納得できるけど1300円は高い。

歪んだジェンダーフリー

「ジェンダーフリーは正義」
学生時代の教育の影響で、そんな価値観を持っている。ゆとり世代。

現代日本では、「血液型」「星座」は信じるのが愚かみたいな風潮にある。「性差」もそれになったら良いなぁと思う今日このごろ。

別に性差別で嫌な思いをしたわけではないのだけど、なんとなくネットでそんな話題見てたから雑記。

性差別は女性専用車両とかレディースデーとか別に良いし、男が奢るみたいな風潮も許せる。

ただ、「生理で機嫌が悪い」「化粧とか服に金がかかる」を女性特有の悩みみたいに言われてるのは嫌。

なぜなのか。
男だから楽でいいよねみたいなことを思われるのが嫌なのかもしれない。男より女のほうが辛いんだみたいな。それぞれ辛さがあるのだからつらさの背くらべは悪。不幸の競争。

そういえば『十二国記』の不幸の競争のくだり好きだな。
『不幸の競争をしてしまう。自分が一番可哀想だって思うのは、自分が一番幸せだって思うことと同じくらい気持ちいいことなのかもしれない。』みたいな。

まぁそんなことを言いつつ、ネットでよくある女叩き、フェミニスト叩き、とか好き。まとめ記事とかつい見てしまう。

男女がどうとかではなくて、自分の陣営でない方が叩かれてると、相対的に自分陣営が勝ったような気分になれるからなのだろうけど。

あと「女性は共感してほしいだけ」みたいな意見。あれが嫌い。
車のエンジンの話とか、りんごの話とか。
少女漫画で育まれた悪だと思ってる。現代女性が冒されている毒。ネタでなく存在する。デトックスしてほしい。


検索したらコント動画あった。面白い。
自分は正論言う側だなと。反省?
話したいだけなのだろうと思っていても、つい正論言ってしまうのだよなぁ。特に辞めたいのに辞めれない話とか見に覚えある。辞めたければやめろ!と言ってしまいがち。

共感好きな人と、正論好きな人はどちらも居て良いけど、「女だから当然」とか「男だからそうだよね」。みたいな感覚は嫌い。

読んだ本【2020年5月】

21巻~完結まで。
完結したと聞いて雑誌でラストまで読む。
展開早く終わった気がしたけど、それでも23巻の驚き。
ラストは意外すぎて笑う。パロ感すごい。
全般的には非常に面白かった。展開早くてグダグダしないのが良かった。終盤に禰豆子もっと活躍すると思ってたけどそうでもなかったのが意外。

9巻。
ホントに面白い。ライオスは救世主か愚か者か。

20巻。
敵も良いよなぁ。

16-17巻。
完結!面白かったな。
小説全編ともハズレが無かった気がする。
アニメも面白かったし、悪いとこない。名作。

96巻。
記憶力と読解力が失われている最近。

Twitterで話題な漫画。
クズくて面白い。