コケムスシェルター

目を瞑り、夢を見る。【愚痴】

ジョジョジョジョーイ!

ストレスフルな日曜日である。

明日から仕事か。もう半年も経ってしまった。
新人カードが効力を失ってきた。そろそろ何か仕事をしないといけない。

ここからどうなるのだろうか。
仕事できる人になりたい。しかし業務内容は自分には全然向いていないと思う。自信がない。だって営業だぜ?コミュ障に営業さすとか人事何を見ていたんだよ。適材適所を考えろ。と愚痴る心の内。ただ唯一の救いは法人のルート営業が主で新規のお客が少ないこと。
業務も、ルート先で、御用を聞いて、商品をPRすることだけならばできると思う。でも世間話とか全然無理。世間に興味ない。ちょっとした冗談とかも言えない。
お客さんとの付き合いで、これまでの経験からして、極端に嫌われたりとか致命的な失敗はしないだろう。でも、良くても現状維持、悪く転べば注文は漸減する。

というのが現状。これからのことも考えたい。
「向いてない」の一言で済ませて変化を拒むのか、あるいは、世間話のうまい先輩・冗談のうまい先輩を目指して努力するのか。
前者ではいけない。しかし変化も変化で不向きの範疇を超えようとすると多分ストレスで死んでしまう。
ならば、「相性の良いお客さんもいる」と開き直って適度に歩み寄るしかない。
と思う。
と思いつつも、危機感がないのだろう、行動を起こそうとまでは思えない。失敗してからでは遅いのに。冗談じゃないのに。

つらつら書いてたどり着いた先は、変わる努力したくない怠惰な自身。

未来を考える。
憧れと絶望。資質と努力。願うらくは、普通に人と話せるようになりたい。超能力みたく絶対に無理ならば諦めがつくのに。できるような気がするからしんどい。
普通に人と話せるようになりたい。なんだ?慣れか?慣れればいいのか?練習すればよいのか?うまい人を見習えば良いのか?ジャパネットたかたを精見すればよいのか?イメージトレーニングか?催眠術か?雑談テクの本でも読めばよいのか?くそくらえ

コミュ障コミュ障と逃げていてはだめだろうぜ。明日生きるために、自分が有能な人間であることを示さなければならない。
しかしもかかし、そもそも向いていないのである。人間関係を煩わしく思うし、友達も23年生きてきてたった1人だけ。会話も好きでない。コミュ力を鍛えるのはしんどい。

お前の営業は「暇つぶし」だと言われた。反論も出ないほどの事実である。「目標や野心はないのか」と問われた。ないよ。ないよ。

甘えている。個人の資質などどうでもよいことなのである。結局甘えなのである。話題くらい作れ。考えろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。