コケムスシェルター

立山アルペンルート【観光】

暇なGW最終日、立山観光に行ってきた。


いわゆる?春のアルペンルート観光。
メインは「雪の大谷」を見ること。
結構楽しめた。

所要時間:8:30~16:00
ルート(復路):
自宅~立山駅(車)
立山駅~室堂(ケーブルカー+バス)[¥4,310]

GWということもありちょい混み。朝のケーブルカーは1本待ちの9:50発。しかしも連休だからこその臨時便とかも結構あったらしく、移動には特にストレスなし。
ケーブルカーはちょっと怖い。紐一本で500Mの勾配を登るとか、大丈夫かと。7分くらい
バスは50分。途中ででかい杉とか、剱岳はあれですよーとか軽いガイドしてくれる。ほとんど寝てたけど。
で、室堂につく。今年の「雪の大谷」は15Mで、今日は少し溶けて14Mくらいとのこと。結構絶景。よいよい。
そのあと雪原を歩く。超雪原。スキーも行ったことない身としては初めての雪に囲まれる経験。楽しい。ってかまぶしい。銀世界。サングラスおくれ。
ザックザックと雪を歩く。人気のない道を進んでしまったらしく雪原一人ぼっち。超テンション上がる。

ちょっと歩き疲れたころに「みくりが池温泉」発見。おんせん。日帰り入浴もできるらしく申し込む。入浴+バスタオル(¥700+¥300)。硫黄くせー。だがそれがいい。
ついでに昼ご飯も食べるカレー(¥630)。まぁ山小屋クオリティ。期待はしていなかった。予想通りの味である。

他は野鳥博物館?みたいなところでライチョウの勉強。復習すると、ライチョウはキジの仲間(キジ目)で、見た目は冬場白く、夏は斑羽らしい。生息地は日本が最南で、寒いところが好きらしい。日本では立山が生息量No1だとか。白いライチョウはかわいい。

でそれくらいでおしまい。ダムのほうには行かず。折り返す。

一人観光。好きな時間に出発し、気の向くままに行動し、帰る。気楽すぎてよい。が電車待ち時間とかは少々寂しい。ほぼ言葉を発することなく帰宅。
切符買うときと、温泉入るときくらい。そういえば唯一外人とは話したか。白エビラーメンの食券はどれかと聞かれ、「でぃすわーん」と一言言い残し、逃げてきた。

全くコミュ障の一人旅の手本のような振る舞い。
楽しかったので良しとしよう。
使った金額は合計で5000円くらい。意外と安い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。