兼六園【外出】

001

兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市にある日本庭園。国の特別名勝であり、日本三名園の一つに数えられる。

江戸時代、加賀藩の庭園として造られたことに端を発する。当時は、金沢城の外郭として城に属していた。13代藩主前田斉泰が現在のものにほぼ近い形にしたとされる。「兼六園」の名称が定められたのもこの頃である。

石川随一の観光地「兼六園」。
色々な形状の石灯籠を見ることができ、面白い。

日本庭園!ということもあり外国人観光客も多かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。