2016年9月【読んだ本】

タイトル:上野さんは不器用 1 (ヤングアニマルコミックス)

著者:tugeneko

出版社:白泉社

発行日:2016-09-29

ギャグもの。面白い。
変態で不器用な上野さんが主人公。

タイトル:狼と香辛料(14) (電撃コミックス)

著者:小梅 けいと,文倉 十

出版社:KADOKAWA

発行日:2016-09-27

14巻。
わっち!憎いうさぎ。

タイトル:八雲さんは餌づけがしたい。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

著者:里見U

出版社:スクウェア・エニックス

発行日:2016-09-24

なんだか珍しい未亡人もの。
おっさんの家に女子高生が押しかけてくるの逆。
新鮮で面白い。

タイトル:かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

著者:赤坂アカ

出版社:集英社

発行日:2016-03-18

1-2巻。kindleで購入。
ラブコメ。面白い。

世間ずれしたかぐや様がかわいい。
001

タイトル:ヒナまつり 11<ヒナまつり> (ビームコミックス(ハルタ))

著者:大武 政夫

出版社:KADOKAWA / エンターブレイン

発行日:2016-09-15

11巻。
表紙から面白い。
瞳さんの話が好き。女子高生VSヤクザ。
しかしも『千と万』読んだ後に読むと父娘の関係性が違いすぎて面白い。

タイトル:千と万(3) (アクションコミックス(月刊アクション))

著者:関谷 あさみ

出版社:双葉社

発行日:2016-09-12

3巻
完結。そこそこ面白かった。

タイトル:新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)

著者:支倉凍砂

出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

発行日:2016-09-10

『狼と羊皮紙』第1巻。
新シリーズ。単巻かと思いきや続くらしい。まじか。
表紙はコルと狼娘のミューリ。コルが聖職者を目指し旅に出るストーリー。1人旅のハズが……
しっかりしているようで騙されやすいコルと、天真爛漫なようで冷静で目ざといミューリ。楽しい組み合わせ。これから楽しみ。

タイトル:狼と香辛料 (18) Spring Log (電撃文庫)

著者:支倉凍砂

出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

発行日:2016-09-10

狼と香辛料18巻!
面白すぎて涙が出る。
まさかの続編後日談。ニョッヒラ生活10年目のお話。
相変わらずイチャコラしっぱなしのホロとロレンス。悶えながら、ニヤニヤしながら読む。

タイトル:大伝説の勇者の伝説 (16) 昼寝男の結婚 (ファンタジア文庫)

著者:鏡 貴也

出版社:KADOKAWA/富士見書房

発行日:2015-09-18

サブタイトル「昼寝男の結婚」が気になってアマゾンでポチる。
だいぶ久しぶりに読む。 山の中で敵に巨大魔法を放つ!みたいな展開まで覚えている。たぶん6巻くらい。
10巻分くらい空くけど16巻。意外と問題なく読めた。面白い。

16巻までの情報収集。
<基礎設定>
「寂しがりの悪魔(すべての式)」はライナとルシル。
・「ライナ」=「すべての式を解く者」
・「ルシル」=「すべての式を編む者」
「シオン」=「堕ちた黒い勇者」。乗っ取られそうになっている。勇者は女神を殺し世界を破壊する。
「ミルク」=「女神」
<ストーリー設定>
『大伝説の勇者の伝説』はシオンと敵対するところから始まる。戦いの中でライナ覚醒。「すべての式を解く者」になる。
そののち世界を知る「レムルス」が謎結界発動させて1年限定で神無力化に成功。(その1年が過ぎるとシオンは勇者に乗っ取られる。)
なんだかんだで、シオンとライナ仲直りし10年後に世界がリセットされるのを防ごうと画策。(1000年ごとにリセットされるように決まっている。神が決めた。)
メノリス大陸中央にある「エルトリア」は神から援助を受け各国に宣戦布告。
神はライナとその周りの人間を狙っている。
……そんな感じ。

タイトル:月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)

著者:椿 いづみ

出版社:スクウェア・エニックス

発行日:2016-08-22

8巻。
相変わらず面白い。リボンが本体。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。