コケムスシェルター

転勤転居2

タイトル:14ひきのひっこし (14ひきのシリーズ)

著者:いわむら かずお

出版社:童心社

発行日:1983-07-10

転勤決まる。大阪に出戻り。
あと2、3年は北陸のつもりだったけど意外と早く異動。しかも営業から業務へ転身。
自分にとってはラッキーな人事。営業も嫌いではないけど適正ないしな。業務関係の方が向いてるだろうぜ。

さて引っ越し。会社寮も安いし楽しいけど、衛生重視で一般賃貸にする。
車は手放す。大阪なら必要ないし。ネットも一旦解約して、あとは役所関係の手続きとか。そういえば結局NHK払わず仕舞だったな。

【追記】
車手放す。買取価格は7万円(購入価格は36万円)。買ったところで売ったから、気分的には2年間29万円で借りてた感じ。
2年でかかった維持費は車検10万、保険10万、駐車場10万、ガソリン5万、の合計35万円くらい。
車は田舎の必須アイテム。大阪でもあって悪いことはないのだけど、駐車場代とか保険とか高ぇ。

【追記】
家は家賃約5万円のレオパレスに決める。会社まで徒歩圏内。そこそこ綺麗でGOOD。懸念は噂に聞くレオパレスの壁の薄さか。
引越しの荷物が思いの外多かった。来るときは赤帽で運べるくらいの量だったけど、今回は2tトラック。棚とか嵩張るものを買いすぎた。
飼ってたメダカとエビは川に放流。ヤドカリは荷物と一緒に梱包引越し。
今日は大阪にむけてサンダーバードで移動中。引越し休暇。次はいつ行くことになるだろうか。富山での2年を振り返る。
富山は日本酒が良かった。立山は安くて美味しい、勝駒、満寿泉も好き。さっぱりした味わいが実に良い。
海産物が美味しいのも良かった。全体的に居酒屋の海産レベルが高い。スーパーでホタルイカの刺身が並ぶのは富山ならでは。海が近いのは食べ物の面で非常に嬉しい。
繁華街的な娯楽は無いけど、アウトドアには良い土地柄。山がそこらにあって山登りに趣味には最適。スキースノボも良いらしいけど結局一度も行かず仕舞い。
人間関係にも恵まれた。有能な上司と親切な先輩。客もいい人揃い。
悪い所が思いつかないほど穏やかな2年間だった。

【追記】
レオパレスの罠にまんまと嵌る。本契約時に下の特約組まされる。
・退去時の清掃代25,500円要す
・火災保険(15000/2年)・賃貸保証(10000/年)必須
・1年未満の解約は10万円要す
敷金礼金ゼロは実質嘘。清掃代25500円て実質敷金礼金だし。しかも1年未満の解約で10万円とか。
特約はレオパレスというか管理会社によるんだろうけど後出しな感じで少し不満。まぁ全体的には安いのでまぁこんなもんかとも思うけど。
あと細かい不満を言えば、コンロの火力めちゃくちゃ弱い。使い物にならないレベル。「ラジエントヒーター」とかいうホットプレート的なもの。フライパンへの熱伝導悪すぎ。
ちなみに借りていないけど駐車場代は16,200円/月。大阪すげーわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。