新型肺炎

新型肺炎が最近流行しているらしい。

新型コロナウイルスは、見つかってから10日余りしかたっておらず、感染力や毒性などはまだよくわかっていない。同じくコロナウイルスによって起きる、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)と比べると、感染力、毒性は弱いというのが大方の専門家の見方だ。だが、ウイルスは変異することで特性を変えて感染力や毒性を増すことがあることから、今後の推移に注意が必要だ。

 SARSは2002~03年にかけて中国を中心に流行した。東京医科大の濱田篤郎教授によると、致死率は1割ほどで、1人の患者から広がる感染は2、3人程度だったという。また、2012年から中東を中心に患者の発生が続くMERSの致死率は3割強で、感染力はやや弱く患者1人から1人に感染が広がる程度だ。
https://www.asahi.com/articles/ASN1Q6JFJN1QULBJ00K.html

調べると何年か前に流行ったSARSと同じ”コロナウイルス”らしい。
SARSって新型インフルエンザって言われていた気がするけど、インフルエンザと肺炎ってどういう関係?

肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。

肺炎は結構広い概念らしい。
インフルエンザウイルスが原因で肺炎になることもある。コロナウイルスが原因でなる肺炎が今話題の新型肺炎。

新型がニュースになっている原因は新型故にワクチンが無いこと。
自然治癒力で生存出来るか否かが左右される。

致死率高いと怖さ感じる。
インフルエンザの致死率が0.1%未満らしい。
SARSが10%くらい。

ところで新型って名前つかないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。