コケムスシェルター

2013年12月【読んだ本】

タイトル:午後からはワニ日和 (文春文庫)

著者:似鳥 鶏

出版社:文藝春秋

発行日:2012-03-09

動物園シリーズ第1作目。
2作目の『ダチョウは軽車両に該当します』は先に既読。
怪奇小説としてものすごく結末が気になる一冊。
ワニやブタを盗む犯人の目的は一体……?
あと、トキ先生かわいい。

タイトル:死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)

著者:七尾 与史

出版社:宝島社

発行日:2010-07-06

再読。
潔いまでにB級。結構好き。
ただしミステリーではない。決して。

タイトル:死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

著者:七尾 与史

出版社:宝島社

発行日:2012-11-06

未読の積み本だと思ってたけど、内容知ってた読んでた。
これもなかなか面白い。

タイトル:死亡フラグが立つ前に (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

著者:七尾 与史

出版社:宝島社

発行日:2013-12-05

『死亡フラグ』の前日談とか、『殺戮ガール』のサイドストーリーを収録した短編集。
そこそこ面白い。

タイトル:MEMORY (集英社文庫)

著者:本多 孝好

出版社:集英社

発行日:2013-09-20

良いです。最高です。
『MOMENT』『WILL』のサイドストーリー。
電車でにやにやしながら読んでしまった。
やっぱよいなぁ。葬儀屋かわいい。ついでに『MOMENT』も再読。
このシリーズだけ琴線正面衝突なのだが、なぜか他の本は響かないのだなぁ。
今日実家に帰ったが、本棚楽しい。懐かしい本が並んでる……読もう。

タイトル:at Home (角川文庫)

著者:本多 孝好

出版社:角川書店

発行日:2013-06-21

家族に関する短編集。
犯罪一家の話『at home』はそこそこ良かったが、全体的にはいまいち。

タイトル:ウィッチクラフトワークス(6) (アフタヌーンKC)

著者:水薙 竜

出版社:講談社

発行日:2013-11-07

1-6巻
2014年春アニメ原作。面白いけど、展開がギャグすぎて途中から飽きてくる。

タイトル:女のコがHなマンガ描いちゃダメですか? 2 (ヤングキングコミックス)

著者:ジェームスほたて

出版社:少年画報社

発行日:2013-02-19

おもしろい。
ちょいエロで良い。
ストーリーは、エロくてラブい『げんしけん』みたいな感じ?

タイトル:はたらく魔王さま! (10) (電撃文庫)

著者:和ヶ原聡司

出版社:アスキー・メディアワークス

発行日:2013-12-10

おもろい。
小エンドを迎えた10巻。
なぞがまだまだ多いが、いかがか。

タイトル:ログ・ホライズン 西風の旅団 2 (ドラゴンコミックスエイジ こ 3-1-2)

著者:橙乃 ままれ

出版社:富士見書房

発行日:2013-09-06

ログホライズン外伝。
ハーレムギルド「西風の旅団」の話。おなのこかわいい。

タイトル:はたらく魔王さま!9 (電撃文庫)

著者:和ヶ原 聡司

出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

発行日:2013-09-19

1-9巻。
おもしれぇ。徹夜で読んでしまった。10巻は明後日(12/10)発売。アマゾンでっぽちっとこう。

タイトル:黄昏乙女×アムネジア (10)(完) (ガンガンコミックスJOKER)

著者:めいびい

出版社:スクウェア・エニックス

発行日:2013-11-22

8-10巻。
完結!いい感じのハッピーエンドで良い良い。

タイトル:BIRDMEN 1 (少年サンデーコミックス)

著者:田辺 イエロウ

出版社:小学館

発行日:2013-10-18

結界師の人のん。
結構面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。