負釣山【登山】

入善町の最高峰、負釣山。読み方は「おいつりやま」。
標高:959M
標高差:629M

map
登山口へのアクセスは、「バーデン明日」という温泉施設の横を通り、分岐で左(直進するとダム)に進む。ほどなく駐車スペース。そこそこ広い。今日は先客車2台。そこそこ人気な山らしい。

001
登り始めから結構急登。今日からストックデビュー。超楽。1本か2本か迷ったけど今日は1本で。

002
山頂!「負」が手書きな入善クオリティ。

003
南峰山頂。こっちの方がちょっと高い。978M。
山頂から南峰への道が険しい、というか草が多い。道に迷うほどではないけど、長ズボンでなければ難しそうな感じ。あとサルがいた。こえぇ。

時間は[10:30-12:00(山頂)-13:30]片道大体1時間半。
ストックのおかげか意外と楽勝。次はそろそろ1000M超え行ってみようか。

<雑学>
今日は霞がひどくて山頂からの展望がイマイチだった。で、発生原因とか調べてみた。
ググると知恵袋がたくさん。気になる人の多い人気ワードらしい。

言葉の定義は、どうも見通しの悪さで区別されるっぽい。
[濃霧>霧(きり)>靄(もや)]の順
霞(かすみ)は、定義的にはかなり広い言葉。とりあえず視界がかすんでいれば霞。

wiki:霧・靄・煙霧などで遠くの景色がぼやけている(=かすんでいる)様。文学表現であり気象学的定義はない。春の季語。

関係ないが朧(おぼろ)は夜の霧のことらしい。なので朧月とは霧でかすんだ夜の月。

で、発生原因は、なんか難しい。
原則は中学の時に習った気がするが、飽和水蒸気量を超えると空中に現れる。飽和水蒸気量を超えるには「気温が下がる」か「水蒸気量が増える」かのどちらか。
原因と対策……
地表近くは放射冷却かな。だとすれば前日の天気良ければ霧が出やすい。
山頂付近は地表からの上昇気流か。……上昇気流はわからんし読める気もしない。

登山入門

最近登山がマイブーム。
夏山の日帰り登山。整備された山なら、たいした準備なくても登れるし、山頂の景色も良くて好き。

テント泊にも手を出す。
孤独な夜と、朝焼けの感じがすごく好き。

・自分用持ち物チェック
【必須】装備:「ストック」、「カメラ」、「タオル」
【必須】電子機器:「ケータイ」、「モバイルバッテリー」、「イヤホン」
【必須】ライフ:「食料」、「水分」、「携帯食」
【必須】救急系:「ウエットティッシュ」、「懐中電灯」、「ナイフ」、「ライター」、「絆創膏」、「消毒シート」

【状況によって】「帽子」、「カッパ」、「クマよけ鈴」、「虫除け」、「マスク」、「鼻炎薬」、「着替え(温泉時とか)」
【状況によって】テント泊装備:「テント」、「マット」、「寝袋」、「クッカーセット」、「着替え」

装備類

日帰り用。25リットル。

テント泊用。38+5リットル。

ローカットのトレッキングシューズ。
登山靴は履いたことない。岩場とか歩きやすいらしい。ハイカットは捻挫しにくいらしい。

ストック×2本
色々試したけどモンベルの折りたたみ式が一番良い。
カバンに収納できるサイズなのが気に入る。
150g/5400円

富山とか奈良とかクマ出没の地域では必須。まぁ付けて無くても滅多に出会うものでもないけど。安心感は得られる。

テント。軽くて良い。2年使うとポールのゴムが劣化してきた。
2kg/45000円

春秋用の寝袋。
570g/24500円

テントマット。エア式。軽さで選んだ。
450g/11000円

SOTOのクッカーセット。
ガス缶が小さいのが好き。

クッカーはフタ付きが便利。
火が早く湧くのと、蓋ないと虫が入りがち。

一応持っていってるけどほぼ出番のないナイフ。
コンパクトで邪魔にならないのが良い。

参考図書

富山登山のバイブル。初心者に便利。
【01】雄山(3003M):14/7/12
【67】尖山(559M/±284):15/7/11
【78】夫婦山(784M/±395):15/7/25
【79】祖父岳(832M/±277):15/7/25
【53】負釣山(959M/±629):15/8/8
【88】赤祖父山(1030M/±729):15/8/13
【70】鉢伏山(1782M/±829):15/8/15
【58】大倉山(1443M/±833):15/10/3
【47】白鳥山(1287M/±758):15/10/24

関西日帰り登山。手軽な山から中級者向きの山まで盛りだくさんな良書。ただし2015年出版なので多少古い情報もあるかも。

【61】【奈良】伊那佐山(637M/±300):16/5/2
【63】【奈良】三郎岳(879M/±500):16/5/5
【65】【奈良】三峰山(1235M/±650):16/6/11
【77】【大阪】大和葛城山(959M/±600):16/6/18
【03】【兵庫】六甲山(931M/+550):16/7/9
【70】【三重】大洞山(1013M/±600):16/7/16
【78】金剛山(1125M):16/7/24
【66】兜岳・鎧岳(920M):16/8/7
【67】住塚山・国見山・屏風岩(1016M):16/10/15
【68】【69】古光山・亀山(996M):16/10/22
【40】八王子山・三石岳:17/05/20
【44】釈迦岳(1060M):17/05/27
【42】堂満岳(1057M):17/06/10
【43】【41】武奈ヶ岳(1214M)・蓬莱山(1174M):17/07/15-16
【90】犬鳴山(748M):17/09/09
【43】武奈ヶ岳(2回目):17/11/4-17/11/5
【83】岩湧山(897M):18/03/12
【83】天ヶ岳(788M):18/04/22
【43】武奈ヶ岳(3回目):18/04/28-18/04/29
【51】綿向山(1110M):18/05/05
【1】岩原山・大平山・六甲山:18/06/16
【49】金勝アルプス(605M):18/07/01
【45】リトル比良(686M):19/08/04

奈良の山詳細。
Kindle版だと持ち運べてGOOD。
【05】稲村ヶ岳(1726M):17/07/29-30
【03】山上ヶ岳(1719M):17/08/19-20
【07】大普賢岳(1780M):17/09/23-24

滋賀の山詳細。

愛宕山登山【外出】

愛宕山登ってきた。
昔登ったのもあって今回が2回目。
前回が冬で、今回は夏の愛宕山。

愛宕山(あたごやま、あたごさん)は、京都府京都市右京区の北西部、山城国と丹波国の国境にある山である。京都市街を取り巻く山の中で、比叡山と並びよく目立っており、信仰の山としても知られる。

山頂は京都市に所在するが、約1.5km西に市境があり、山体は亀岡市にまたがる。標高924m。三等三角点「愛宕」(890.06m)は山頂の北方約400mの地点に所在する。

参詣ルートは、亀岡保津→水尾→清滝ルート7合目合流→愛宕神社
亀岡保津→水尾の道が結構たいへん。整備されてないし、クモの巣と虫やたら多いし。
合計時間は、朝の9時から登って、昼の15時ごろに下山したから、往復で6時間くらい。

しんどかったー、引きこもりに登山はしんどい。山頂の社務所に自販機があるのが超ありがたかった。危うく熱中症になるところだったわ。

ちなみに近くの山「比叡山」の標高は約850m、最近話題の「富士山」の標高は3700mである。

比叡山もちょっと行ってみたいなと密かに思う、今日このごろ。