コケムスシェルター

AmazonWebサービス入門【PHP】

AmazonWebサービス(Product Advertising API)に入門する。

目標

キーワードなどに連動して、人気のランキングを出力するブログパーツを作る。
サンプルサイト

まず

http://www.ajaxtower.jp/ecs/を見ながら、勉強と下準備。
amazonAPIを利用するには、
・Amazonアソシエイト・プログラムへの参加
・Access Key ID
・Secret Access Keyの取得
が必要。
アソシエイトは参加済みなので、API参加し、IDとKEYを取得。

手順に従い、リクエストコードを取得↓

http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml? Service=AWSECommerceService
&AWSAccessKeyId=[AccessKeyId]
&AssociateTag=[AssociateID]
&Operation=ItemSearch
&SearchIndex=Books
&Title=HarryPotter
&Version=2009-07-01
&Timestamp=2012-11-13T10%3A38%3A55.000Z
&Signature=QhXHRaqbahhbyDIHwL4hWDi9WHJNlbwALLQJ2OQNVmY%3D

これをurlに入れると、XMLで出力される。タイムスタンプと署名は毎回取得しなければいけないらしく、そこんとこが厄介そう。
最終目標としては、amazonのリンクを作ってくれる、ウェブサービスを提供したい。

Services_Amazon

PEARのライブラリ『Services_Amazon』ならAmazon APIを簡単に使えるらしい。
ので、下記サイトを参考に作ってみた。

PEARの導入参考:http://blue-spiral.matrix.jp/20110528-pear-in-sakura.html

PHP処理プログラムコード初心者向け参考:http://nplll.com/archives/2011/06/_pearservices_amazon.php

PHP処理プログラムコード参考:http://or2.to/2012/04/service-amazon-2.html

入力フォーム参考:「Amazones」(http://aokobe.sakura.ne.jp/php/amazones.php)

最終コード

<?php

set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . '絶対パス');
require_once('Services/Amazon.php'); // インクルードファイル

header("Content-type: application/x-javascript");//js

$amazon = new Services_Amazon('XXXXXX', 'XXXXXX', 'XXXXXX-22');// 『Services_Amazon』の定形
$amazon->setBaseUrl('http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml'); // 検索範囲:日本のamazon

$category = $_GET['category'];//JavaScriptで飛ばしてくる変数。
$param = $_GET['param'];
$key = $_GET['key'];
$id = $_GET['id'];
$number = $_GET['number'];
$select = $_GET['select'];
$sort_select = $_GET['sort_select'];

if(!empty($key)){//もしキーワードがあれば検索。
$result = $amazon->ItemSearch($category, array('Keywords' => $key, 'ResponseGroup' => 'ItemAttributes, Images')); 
}

elseif($sort_select == 'daterank'){//もしキーワードが空ならリリース日順。
$result = $amazon->ItemSearch($category, array('BrowseNode' => $param, 'Sort' => 'daterank', 'ResponseGroup' => 'ItemAttributes, Images')); 
}

elseif(empty($key)){//もしキーワードが空ならランキング。
$result = $amazon->ItemSearch($category, array('BrowseNode' => $param, 'Sort' => 'salesrank', 'ResponseGroup' => 'ItemAttributes, Images')); 
}

	for( $i = 0; $i <  $number; $i++ ){
		$asin = $result['Item'][$i]['ASIN'];
		$gazolink = "<div class='azimg'><a target='_blank' href=http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/".$asin."/".$id."/ref=nosim/><img src='".$result['Item'][$i]['LargeImage']['URL']."'></a></div>";
		$titlelink = "<div class='aztitle'><a target='_blank' href=http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/".$asin."/".$id."/ref=nosim/>".$result['Item'][$i]['ItemAttributes']['Title']."</a></div>";
		if ($result['Item'][$i]['ItemAttributes']['Title'] == "") {break;}//タイトルが空白なら、繰り返しがBREAK。
		
//▼//$selectで表示方法を分岐。
		if($select == 'txt'){//テキストだけ
			$mix = "<div class='az'>".$titlelink."</div>";
		}elseif($select == 'img'){//画像だけ
			$mix = "<div class='az'>".$gazolink."</div>";
		}else{//全部
			$mix = "<div class='az'>".$gazolink.$titlelink."</div>";
		}
//▲//

		$output = $output.$mix;//ループさせるための自己読み込み
	}

echo "document.write(\"$output\")";
?>

楽天ウェブサービス入門【PHP】

楽天ウェブサービスに入門する。

出力は「xml」と「json」が選べるらしいが、親しみのある「xml」をつかおう。
例によって、simplexmlで読もうとするが失敗。

うーん?わからん。

公式ページによると、SDKによるデータ取得がオススメらしい。
「SDK」とは、Software Development Kitの略で、その中の「Rakuten Web Service SDK for PHP」は、PHPアプリケーションから 楽天が提供しているAPIに、簡単にアクセスすることができる。(※PHP5.2.3以上)
つまりは、PHPライブラリの一種。

PHPのバージョンが心配だったが、PHP5.2.3以上。ミニバードやるじゃん。
見本通り書き呼び出し成功。

ただし、どうも楽天ウェブサービスでは大きい画像が取得できないらしい。
64×64の[smallImage]か128×128の[mediumImage]かの二択。悲しすぎる。
最後にブログパーツ化して、完成。

最終コード

<?php

header("Content-type: application/x-javascript");//js

$id = $_GET['id'];//JavaScriptで飛ばしてくる変数。
$number = $_GET['number'];
$select = $_GET['select'];
$key = $_GET['key'];

require_once dirname(__FILE__).'/sdk/autoload.php';//sdkをリクエスト

$client = new RakutenRws_Client();
$client->setApplicationId('XXXXXXXX');
$client->setAffiliateId($id);
if(empty($id)){//もしIDが空なら、XXXXXXXX
	$client->setAffiliateId('XXXXXXXX');
}

$response = $client->execute('ItemSearch', array(
  'keyword' => $key,
  'hits' => $number
));

//var_dump($response);

if ($response->isOk()) {
    // レスポンスを foreach でアクセスできます
    foreach ($response as $item) {
		
	$gazolink = "<a target='_blank' href=".$item['affiliateUrl']."><img src=".$item['mediumImageUrl']."></a>";
	$titlelink = "<div class='aztitle'><a target='_blank' href=".$item['affiliateUrl'].">".$item['itemName']."</a></div>";
		
//▼//$selectで表示方法を分岐。
		if($select == 'txt'){//テキストだけ
			$mix = "<div class='az'>".$titlelink."</div>";
		}elseif($select == 'img'){//画像だけ
			$mix = "<div class='az'>".$gazolink."</div>";
		}else{//全部
			$mix = "<div class='az'>".$gazolink."<br>".$titlelink."</div>";
		}
//▲//

		$output = $output.$mix;//ループさせるための自己読み込み
	}

}

echo "document.write(\"$output\")";
?>

検索エンジンで検索されないようにする【HTML】

私を探さないでください。

<meta name="robots" content="noindex,follow" />

メタタグで設定する。
「このページは検索されません。このページからのリンク先ページは検索されます。」の意。

結構効く↓
「3,000」くらいあった検索アクセスも約10日でほぼ「0」に。

スタイル確認

h1

h2

h3

h4

h5
h6
【テーブルの例】
列-A 列-B 列-C
行-1 A1 B1 C1-C2
行-2 A2 B2
行-3 A3 A3-B3

引用

入門書

勉強するにあたって買った本。
情報はいくらでもネットに流れているけれども、はじめはちゃんとした本買った方が良い。
体系立ててあり、理解が早い。

よくわかるPHPの教科書
よくわかるPHPの教科書 たにぐち まこと

毎日コミュニケーションズ 2010-09-14
売り上げランキング : 5613

Amazonで詳しく見る by G-Tools

よくわかるJavaScriptの教科書
よくわかるJavaScriptの教科書 たにぐち まこと

マイナビ 2012-03-24
売り上げランキング : 70756

Amazonで詳しく見る by G-Tools

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書
本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 プライム・ストラテジー株式会社

ソフトバンククリエイティブ 2012-03-30
売り上げランキング : 1127

Amazonで詳しく見る by G-Tools

3 / 3123