コケムスシェルター

2014年冬アニメ

生徒会役員共*☆☆
ついにの2期。安定して面白かった。

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。☆☆
期待してなかったけど、かなりおもろい。気がくるっていやがる。
実写化するらしい。マジキチ↓

OVAでの13話もおもしろい。
「どれだけBPOに怒られても……たとえ深夜になっても……」とかBPOネタに笑ってしまった。
001

てさぐれ!部活もの あんこーる
結局全部見た。OP好き。

世界征服 謀略のズヴィズダー
始めの方は良かったのに失速。

ウィッチクラフトワークス
原作あんまりだったけれども、アニメ結構良かった。

咲-Saki- 全国編☆☆
全部ゴッ倒す!!

ノラガミ
そこそこ。

となりの関くん
7分アニメ。原作も好き。

ディーふらぐ!
ギャグ。そこそこ。原作好き。

中二病でも恋がしたい
2期。見る。

お姉ちゃんが来た
キター▽竹書房アニメ。3分。資本主義の犬もいて、面白い。

未確認で進行形
かわいい。

いなり、こんこん、恋いろは。
面白い。ギャルゲーマーな稲荷様と中2兄貴。

プピポー!
面白い。3分アニメ

複数原料米

複数原料米まずい。超まずい。

最近近所のスーパーが潰れて、遠くのスーパーから米袋担ぐのが嫌で、近くのドラッグストアで売ってた安い米を買ってしまった。複数原料米。

まずい。

モチモチ感ゼロ。パサパサ。このコメが5KGもあるなんて。
結構な味音痴を自負しているけど、これははっきりとわかる。まずい。

ネットで検索すると、実際まずいらしい。
複数原料米の原料は、古米とかクズ米らしい。

うまくする方法は、水を増やす、炊くときに昆布とか油を入れると良いとか。またパサパサの米なのでチャーハンとかにすると相性はよいのだとか。

後悔この上ない。しばらくまずい飯が続く。

2014年2月【読んだ本】

タイトル:さんかれあ(9) (少年マガジンコミックス)

著者:はっとり みつる

出版社:講談社

発行日:2014-01-09

話すすまんなー。

タイトル:ディーふらぐ! 8 (MFコミックス アライブシリーズ)

著者:春野 友矢

出版社:KADOKAWA

発行日:2013-12-21

1-8巻。
船堀ー!!船堀ー!!
船堀かわいすぎしにそう。
部長も好きだけど、船堀ー!!

タイトル:ひとつ屋根の下の(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

著者:藤 こよみ

出版社:双葉社

発行日:2013-02-12

1巻
表紙かわいいけど、いまいち。

タイトル:我妻さんは俺のヨメ(9) (少年マガジンコミックス)

著者:西木田 景志

出版社:講談社

発行日:2014-01-17

1-9巻
我妻さんは俺の嫁。おれのよめだー!
しかし我妻さんもかわいいけど、他の嫁シルヴィア、伊富蘭がかわいい。かわいい。悶えて笑えて良い漫画。
少年マガジン。

アフィリエイトでは生きられない。

タイトル:仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

著者:魚川 祐司

出版社:新潮社

発行日:2015-04-24

アフィ歴2年。
悟る。アフィリエイトでは生きられない。

マジ無理。

時間や人間関係に縛られることなく、だらだらと生きていくことを夢見てたけど、無理。

【理由1】収入が安定しない
今日暇にかまけて家計簿つけてたのだけれども、つくづく思った。
特に「クリック報酬型」の広告収入がクリック単価に左右されすぎる。昨年のものを見ても同じサイト同じ広告会社にて月平均が最高で12円、最低で4円。三倍差とかえげつない。
「成果報酬型」でも最大手アマゾンが昨年に報酬額の上限を1000円にしたり、フィギュア商品の紹介料率を0.5%に下げるなど変動が激しい。
ということで、「時期・景気的な要因」、「広告代理店の恣意的な要因」などでアフィリエイターの収入は大きく左右される。今月20万円稼げても来月は10万円になるかもしれないのである。半端な収入では安心して生きてはいけない。

【理由2】サイト危機
たとえばアダルトサイトは法律違反であり、いつ警告が来て閉鎖に追い込まれるかわからない。たとえばグーグルアドセンスは規約が厳しく、いつ使えなくなるかわからない。たとえば時流のサイトはいつか人気がなくなってアクセスが途絶えるかもしれない。たとえば検索エンジンに嫌われた時、アクセス元を絶たれるかもしれない。たとえば下手な文章を書き炎上し、サイト閉鎖を余儀なくされるかもしれない。
不安は尽きない。いつ収入元あるいはサイトが消えてしまうかわからないのである。

ということでもうあきらめた。やだやだ。

秘密主義は悪である

タイトル:秘密主義

著者:高田 純次

出版社:学研パブリッシング

発行日:2012-09

【秘密主義(ひみつしゅぎ)】
物事をすべて秘密にして他人に知らせないでおこうとする考え方。

自分は昔から秘密主義な人間だと思う。
最近は多少ましな気もするが、学生の頃は親に行動を知られるのを嫌ったし、友人にも趣味趣向は隠した。隠したというか、コミュ障で話せなかった一面もなきにしもあらずだが。コミュ障が先か、秘密主義が先か。

まぁともかく、秘密というほど大したものではないけど、人に話さないことがある。秘密主義である。
自分の秘密といえば、たとえば、オタク趣味は軽い友人くらいにならないと話さない。アニメとかラノベとか好きだけど、友人限定。リア充な年上の人には話さない。見てないことにしている。
エロ関係も軽い友人からくらい。AVとかエロサイト程度の話ならば誰とでもするが、エロゲーとかオナホールとか、レイプものが好きだとかは人を選んでいる。ほんとは変態ポルノ野郎なのに。言えない。
あと、アフィリエイト関連はまず話さない。極限られた友人のみ。これは普通に秘密にしている。

さて、自分が秘密にする原因は大きく3つあるように思う。
一つは、不利益。
女の人にAVの話をしたり、会社の人に副業の話をしたりするのは基本的に不利益しか生まない。秘密というか、時と場合を選んでいる。これは良い秘密主義。
一つは、恥。
純粋に恥ずかしい。趣味趣向がばれてしまうのが恥ずかしい。一般的なのなら良いのだけど、萌えアニメが好きとか、オナホール愛好家だとかを人に知られると恥ずかしい。相手が同類ならば恥もないのだけれども、自分からはまず踏み込まない。これが良くない。
一つは、保身。
不利益と似ているが、もっと不明確な感じ。未必の不利益。「保身」というより「人に嫌われたくない」か。知られると嫌われる(≒引かれる≒否定される)かもしれないから秘密にする。
大したことではないのに、気になる。「相手が巨人好きだったら嫌われるから阪神好きだと言えない。」みたいな感じ。人間どこに地雷を持っているかわからない。地雷を踏んで嫌われたくないのだ。これがすごく悪い。対人関係で「好かれる」「嫌われる」「無関心」の3択があるとして、難易度の高い「好かれる」を排除して「嫌われる」「無関心」の2択から後者を選択する。少しくらいの嫌われるリスクならば無視して「好かれる」方を選ぶべきなのに、できない。

秘密主義は悪である。
秘密主義の結果は悲惨なものである。まず、友人ができない。自分の情報開示に勝手に変なラインを引き、当たり障りのない話しかできない。人と親しくなれない。友達が少ない。致命的な欠陥である。もっと友達ほしいのに。
また、秘密が無駄に多いとよくわからない人認定されてしまう。会社の人とかに「休日何してた?」とか聞かれるけど答えに困る。「家で寝てました」とか「小説読んでました」とかごまかすけど。だって「アニメ見ながらエロサイト更新してたら一日終わっちゃったぜ☆」とか言えねーし。話しても不利益、話さなくても不利益。そんな人に言えない趣味やめちまえよって話なのかもしれないが。まぁそのあたりの不利益をうまくコントロールして話せたりうまくカモフラージュ出来る人にあこがれる。

何が書きたいのかわからんくなった。たぶん以下2点。
・恥を捨てて何でも話せる友達がほしい。
・恥ずかしくないプライベートがほしい。