ジョーカー(吹替版)【映画】

売れないコメディアンのアーサー・フレックが暴漢に遭遇したのは、ゴッサムシティの街を道化姿でさまよっていたときだった。社会から見捨てられたフレックは徐々に狂気への坂を転落してゆき、やがてジョーカーという名のカリスマ的な犯罪者へと変貌を遂げる。トッド・フィリップス監督が放つ、衝撃のサスペンス・エンターテイメント!

☆☆☆☆
少し前の話題作。
『暗い映画だけど面白い』みたいな評を見て気になってた。
アマゾンのレンタルで見つけたので視聴。399円。
非常に面白かった。けど人には薦めない感じの映画。
終盤はヒーローものっぽ感覚で見てた。
主人公は犯罪者悪党なのだけど、あれだけ打ちのめされたら、狂わずにはいられないか。とも共感してしまう。
人間社会の限界悪。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です