Sweet Rain 死神の精度【映画】

千葉が現れるのは、人間が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定するのが彼の仕事。仕事はさっさと済ませ、CDショップで“人類最大の発明品”として愛するミュージックを試聴するのが彼の最大の楽しみ。そんな彼の職業は・・・死神。今日も雨の中、彼は待っていた。7日後に死を遂げることになっている新しいターゲットを—藤木一恵。27歳。とあるメーカーの苦情処理係。仕事を終え疲れ果てた彼女が会社から出てきた。さあ、仕事の始まりだ…(C)2008「Sweet Rain 死神の精度」製作委員会

☆☆
アマプラ映画。
伊坂幸太郎原作。
伊坂作品は原作良いのに、メディアミックスのハズレ度高い気がする。
文章だと良いのに、セリフで聞くと薄ら寒く感じてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です