記憶にございません!【映画】

国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく……。(C)2019フジテレビ 東宝

☆☆☆
アマプラ映画。
面白かった。
評判悪い総理大臣が記憶をなくして、評判良い総理大臣になるみたいな話。黒田総理が元ネタらしい。
笑いどころが細かくてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です