Outer Wilds【ゲーム】

Steamゲーム。
サマーセールで購入。1500円。
レビュー高くて期待してたけど難解。好きな人は好きそうだけど。
2時間くらい適当にプレイしてよくわからないまま何回か死ぬ→攻略見つつ「アトルロック」と「巨人の大海」に行く。合計3時間くらいプレイして投げる。

ストーリーとして謎の手がかりを集めていくのは楽しげではあるけど、無重力な操作とか、時間制限とか、人によっては面白い要素が自分には非常に面倒くさく感じてしまった。
自由過ぎる割にハード。

Frostpunk【ゲーム】

Steamゲーム。
サマーセールで購入。1000円。OPがかっこよくて好き。
すごい面白いが、難易度がめちゃくちゃ高い。
1回目→食料不足でやり直す。
2回目→不満たまりすぎて追放END。
とりあえず食料と石炭が大事なことはわかったが、ストーリー難し過ぎて挫折。試行錯誤する余裕が全くない。

3回目、難易度下げてエンドレスモードでプレイ。余裕があるって楽しい。
オートマトン非常に頼りになる。研究内容も確認。
ストーリーやる前にイージー設定のエンドレスモードやった方が良いと思う。

で、ストーリー再度プレイ。4回目。
序盤中盤順調に切り抜けたけど、終盤崩壊するもなんとかクリア。
エンディングは面白かった。合計20時間くらいプレイ。

クリアしての感想は、面白かったけど、全般的に初見殺しが過ぎる。

認知の歪み

認知の歪みってツイッターで見かけた造語かと思ってたけど、一般用語だったらしい。

認知の歪み(にんちのゆがみ、Cognitive distortion)とは、誇張的で非合理的な思考パターン(irrational thought pattern)である。これらは精神病理状態(とりわけ抑うつや不安)を永続化させうるとされている。
この概念は精神科医アーロン・ベックが基礎を築き、彼の弟子のデビッド・D・バーンズ(英語版)がその研究を引き継いだ。最も有名なのはバーンズが1989年に著した『フィーリングGoodハンドブック』であり、これらの認知パターンを学び、かつ除去する方法を記している[1]。
こういった思考パターンは、その個人に現実を不正確に認識させ、ネガティブな思考や感情を再強化させうるとされている[2]。バーンズは、気分や感情は事実ではなく、逆に「歪んだ考え方がマイナスの気分を生み出す」と述べている[3]。

バーンズは以下の10パターンを挙げている。
・全か無かの思考 [3]
・行き過ぎた一般化 [3]
・心のフィルター [3]
・マイナス思考 [3]
・論理の飛躍 [3]
・拡大解釈、過小解釈 [3]
・感情の理由づけ [3]
・~すべき思考 [3]
・レッテル貼り [3]
・誤った自己責任化(個人化) [3]

あるある。やりがち。わかっててもやってしまう。理解していたほうがまだマシな気もするがどうだろうか。

インペリアルハーレム【ゲーム】

同人エロゲー。
スマホでタップ操作できるのが良さげ。(マウスでプレイしてしまったが)
ゲーム内容は普通のお触りゲー。
服をめくる所作があったり、フレーバーにこだわりを感じた。
シチュエーションは獣人が好き。ビジュアルは錬金術師が好き。

1時間くらいでクリア。複数エンドあるっぽいけど回収はしてない。
操作性とかすごく良かったけど、個人的には「インキュバスの指輪」が強すぎた感ある。即落ち。もっと無理やりセクハラしてる感じが1ターンあっても良かった。

Craft The World【ゲーム】

Steamゲーム。
非常に面白かった。
敵ウェーブに耐えながら、地下のアイテムを集めるゲーム。
建築とか採掘面では『テラリア』と、タワーディフェンス面では『BARRICADEZ』が近い感じ。

手早く資源回収していったり、敵AIの挙動を見極めたりするのが楽しい。
10時間くらいでステージ1クリア。
ステージ2も少しプレイしたけど、木が足りないストレスが半端ない。

攻略メモ
・土は設置できる
・ポータルが便利
・水汲むためにはバケツが必要
・山か谷で敵を寄せ付けなくできる
・ドワーフは自分でも操作できる
・足場が便利
・ドワーフ人数=レベル
・デスペナルティは無い

21/06/26追記
ステージ3までクリア。
氷と砂漠は同じくらいの難易度。
谷を掘れば敵が近づかないので、ひたすら採掘をすればOK。
ゲーム時間はそれぞれ10時間づつくらいかかる。
ステージ4はかなり難易度高い。真面目に防衛しないと苦しい。

メランコリック【映画】

名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦。ある夜たまたま訪れた銭湯で高校の同級生・百合と出会ったのをきっかけに、その銭湯で働くこととなる。そして和彦は、その銭湯が閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。そして同僚の松本は殺し屋であることが明らかになり…。(C)One Goose

☆☆☆
アマプラ映画。
何だったんだ……。
なんだかんだ面白く見れたけど、結局何映画なのかわからない感じだった。

Going Medieval【ゲーム】

Steamゲーム。

コロニーシム。面白かった。
前やったゲームだと『Founders’ Fortune』に似てる。
農業しつつ、襲撃に備える感じのゲーム。

防衛がタワーディフェンス味があって好き。
迷路作って、罠張る感じ。

まぁアーリーアクセスなのもあって、2年くらいプレイでやることがなくなる。

アップデートの要望としては、
・製作とか戦闘意外で、スキルレベル上げる術がほしい。
・鉄が枯渇してしまうのが悲しい。