終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?【アニメ】

☆☆☆☆☆
アマプラで一気見。
放送当時1話切りした気がする。レビューが高かったので見てみたけど、かなり面白かった。

救いがないけど、だからこそ面白い感じ。『ゆゆゆ』が好きな人はこれも楽しめそう。
ちなみに愛称は「すかすか」らしい。

海洋ホテル☆海猫亭【ゲーム】

犬と猫。『ラクノープリンセス』が良かったのでプレイ。DLSITE版。

ゲームシステムは大体同じSLG。
攻略方法を探っていくのが楽しい。
めちゃくちゃおもしろいわけではないのだけど止め時のないゲーム。

★10クリアー。
ゲーム時間で70年。リアル時間で50時間。放置で資材と金を貯める。ほぼ宝くじで攻略。店員の雇用と解雇を繰り返すブラック経営。ホテル建築で堅実にプレイするのも楽しいかも。従業員ゼロ、ほぼ馬小屋しかない高級ホテルとはいかがか。

ラクノープリンセス【ゲーム】

Steamゲーム。

このメーカーのソフトは『ウィッチリングマイスター』をDLsiteで気になってた。
Steamでシリーズ?ゲーム見かけてプレイ。

牧場経営SLG。
難易度は簡単だけど、時間が必要なタイプ。
攻略方法は、起動したまま寝て、朝起きたらお金が溜まってる。みたいな。序盤は楽しいけど、中盤以降は放置ゲー。

エンディングまではクリア。

登山記録【登山】

山備忘録。

今年は、5月に北比良峠(日帰り)と、6月に武奈ヶ岳(テント泊)、に行った。
テント泊はコヤマノ岳付近。秋夏用シュラフと、ライトダウンを着てたけど、夜は肌寒かった。

最近新しい山行ってない。
予定立てたり、ルート考えたりがめんどくさく感じる。馴染みの山は楽で良いのだよなぁ。

読んだ本【2020年6月】

ツイ4漫画。
1-218話。
明るい殺し屋生活。ギャグ調で好き。

1-3巻。
TLコミック。男向けではないかな。
女装がばれない世界の話。

なろう小説。1-20話。
コミカライズが目について、なろう小説読む。
スキル無双ものかと思ったら、貴族生まれでスゲーしてて読み飽きてしまった。

1巻。
なろう系。ゴブリンビジュアルが微妙。
魔王になってほしい。

1-2巻。
なろう系。結構好き。動物パートが可愛くて好き。

1-2巻。
なろう系。色々魔道具作っていく展開は好き。
恋愛パートがちょっと微妙。

1-2巻。
なろう系。タイトルの割に純情。陵辱成分が欲しい。

伊坂幸太郎小説。
久々に小説読んだ気がする。子供主人公の多い短編集。
各短編がつながってるのが伊坂っぽさあって好き。
賢い子供と、馬鹿な大人。スカッとジャパンな話。

1-8巻。
アニメから。面白い。
結末というか過去が気になる。

1-10巻。
なんか気になってたジャンプ漫画。
主人公の影が薄い。敵のが魅力的な気がする。

3-7巻。
面白い。キャラクターが良いよなぁ。
マキマさんの目的は一体何なのか。

1-11巻。
昔読んだことあるけど、続き出てたのではじめから再読。
結婚なー、読んでて自分の印象がコロコロ変わるのが面白い。

契約結婚って理想的だなー

ラブラブで結婚いいじゃん

お互いに面倒そう。結婚しなくて良いかな

幸せそう。結婚も良いかも

男女が最大限に幸せになれる「ぼくの考えた最強の結婚」話。
王子様とお姫様な理想話ではなくて、リアルで揉めがちな家事分担とか、経済の負担とか、女目線と男目線の両方で描かれててすごい。
「無償の愛」ではなく「等価交換の愛」が理想か。
しかしも人間2人集まれば、細かいいざこざが沢山湧き出て来るのだよなぁ。

1巻。
ゆるゆり。

1-4巻。
イマイチ。なろう系でまちづくりチート。

億男【映画】

兄が多額の借金を残し失踪して以来、図書館司書の一男は日夜その返済に追われている。妻・万左子はそんな夫に愛想を尽かし、離婚届を残して娘と家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆も修復できるはず。だが、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているというネット記事を目にして怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九にアドバイスを求めることにする。久々の再会と、九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は消えていた——3億円と親友のゆくえを求めて、一男は九十九のかつての起業仲間=“億男”たちから手掛かりを探ろうとするが……。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?(C)2018映画「億男」製作委員会

☆☆☆☆
「カイジみたいな話」みたいなレビューをチラッと見たのでデスゲームでも始まるのかと思ったら全然違った。

お金ってなんだろうなって映画。
競馬のくだりが好き。本当にお金ってなんだろうな。

人を変えるのはお金。お金を変えるのは人。
お金のために生きて、生きるためにお金を得る。

お金も生き方にも、正しさなんてなくて、賭け事に使おうが、宗教につぎ込もうが、女を買おうが、自転車買おうが、その人にとって正しいなら正しい。

言葉にしづらいけど、いい映画だった。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話【映画】

北海道札幌市。鹿野靖明は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、体で動かせるのが首と手だけ。24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)たちと、自立生活を送っている。夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる鹿野を介助するボラの一人、医大生の田中はいつも振り回される日々。ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲まで新人ボラに勘違いされてしまう。おまけに鹿野は美咲に一目ぼれし、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末!最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

☆☆☆
要介護者と介護者の話。
今健康体であっても、五体満足で何歳まで居られるかと考えると他人事ではないかも。
自分がもしも五体不満足になったら、死にたいだろうなとは思うけど、実際そうなったら死ねないのだろうなとも思う。
映画は五体不満足で生きた人の実話。
主人公の「親に負担をかけたくない」みたいな気持ちはわかる。ただ「だからボランティアに頼ろう」みたいな気持ちはどうかなとちょっと引っかかった。まぁでも利害が一致するなら良いか。
「自分がどう生きたいか」がテーマ。