最近の著作権ニュース【2022年11月】

最近の著作権ニュースメモ。

ファスト映画で5億円賠償判決
映画を無断で短く編集した「ファスト映画」をユーチューブに投稿したとして、著作権法違反で有罪が確定した3人に、大手映画会社など計13社が5億円の損害賠償を求めた訴訟で、3人の被告のうち2人に対する判決が17日、東京地裁(杉浦正樹裁判長)であった。判決は2人に請求通り計5億円の賠償を命じた。
ファスト映画をめぐる民事訴訟の判決は初めてとみられ、判決は損害額を「再生1回あたり200円」と算定した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd1c43a1cfa027f46fcf8483ca33ee895451efe0

ファスト映画の事件。損害賠償金は1再生200円で判決出る。
記事によると映画の正規配信400円以上を元値に算出したらしい。
収益は1000万回再生されて700万円(1再生あたり0.7円)。
「0.7円の利益のために、200円のリスク」は、かなりのハイリスク・ローリターン。

そういえば、「漫画村」の損害賠償いくらだったんだろうかと調べると民事訴訟はまだ決着ついていないらしい(2022年7月に提訴したばかり)。
請求額は、ACCSの記事によると、漫画村のアクセス総数5億PVに対して19億(1PV当たり3.8円)。
総額は大きいけど、ファスト映画の方が再生当たりの金額が大きい。

まぁ5億でも19億でも個人で払える金額ではないし、回収不可という意味では単価などは些細なことなのかもしれない。
「漫画村」運営者に対して、総額19億円の損害賠償を求め提訴(https://www2.accsjp.or.jp/activities/2022/news142.php)

海賊版誘導「リーチサイト」東北で初摘発…容疑の男「犯罪になると思わなかった」
インターネットで海賊版サイトに利用者を誘導する「リーチサイト」を運営したとして、宮城県警は15日、東京都豊島区、会社役員の男(50)を著作権法違反の疑いで逮捕した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bad65d424693d66505b8ebdb3258505515408f86

リーチサイト摘発のニュース。全国7例目らしい。
今回はアダルト動画のリーチサイト。
2020年10月にリーチサイト規制が施行されて以来、警察が活発に取り締まってる模様。
CODAのニュース(http://www.coda-cj.jp/news/news.html)等で確認できた範囲だと、
2022年11月:東京/アダルト動画
2022年9月:北海道/アニメ
2022年7月:群馬/アニメ
2022年2月:群馬/映画
2022年2月:東京/漫画
全国7例あるそうなので上記プラス2件。
サイトのジャンルは漫画からアダルト動画まで網羅。
立法の発端的に漫画メインかなと思ってたけど、実績見るとオールジャンル取り締まり。

アフィ的観点では、ついにエログの終焉。トドメ。という感じ。
一時期XVIDEOのリンクを貼り付けるアダルトアフィリエイト流行ってたけど、今や昔。過去に作った放置サイトも消しておいたほうが無難かもしれない。
エログ界隈の大手『エロタレスト』はまだサイト健在。時流に対してかサイト説明に「アダルトメディア業界の健全化」とかよくわからないこと書いてて草。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です